ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヨゴレアオダイ(Dirty ordure snapper)

学名:Paracaesio sordida Abe & Shinohara,1962

ヨゴレアオダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長40cmを超える。フエダイ属と比べて体高がなく、全体に赤銅色を帯びる。尾鰭は長く深く2叉して中央部が切れ込む。尾ビレが非常に深く2叉(上下に分かれて長い)し、尾ビレの中央部が前方に切れ込む。

ヨゴレアオダイの形態写真

体長40cmを超える。フエダイ属と比べて体高がなく、全体に赤銅色を帯びる。尾鰭は長く深く2叉して中央部が切れ込む。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオダイ属
    外国名
    Dirty ordure snapper
    学名
    Paracaesio sordida Abe & Shinohara,1962
    漢字・由来
    漢字 汚青鯛
    由来・語源 篠原士郎(琉球大学教授 生年などは不明)の命名。沖縄での呼び名「ヒンガーシチューマチ」からとったものだと思う。「ひんがー」とは汚い、どろんこ遊びなどで汚れたこと。「シチューマチ」はシマアオダイのこと。
    地方名・市場名
    鹿児島でホタ。
    沖縄本島でヒンガーシチュー。
    宮古でヒンガーシチューマチ。
    「ひんがー」とは汚い、どろんこ遊びなどで汚れたこと。「シチューマチ」はシマアオダイのこと。
    八重山でフツグルクン。
    生息域
    海水魚。鹿児島県、沖縄、小笠原。〜インド・西太平洋域。
    水深100メートル以上の深場。
    生態
    基本情報
    沖縄、鹿児島県などで揚がるが量的には非常に少ない。
    アオダイと同じような評価で取り扱われていると思われる。
    非常に味がよく、上物のひとつ。
    水産基本情報
    市場での評価 鹿児島県、沖縄県では希に入荷。やや高値。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    味わい
    旬は春から夏。年間を通してあまり味が落ちない。
    鱗は小さく取りやすい。皮はやや硬めでしっかりして引きやすい
    白身で透明感があり、血合いは薄紅色で美しい。透明感が長持ちする。まったくクセのない味わいで穏やかなうま味、甘みがある。
    あらなどからいい出しが出る。
    肝は10月現在小さく、内臓自体が少ない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、セビチェ、カルパッチョ)、煮る(まーす煮、煮つけ)、ソテー(バター焼き)、汁(潮汁)
    ヨゴレアオダイの刺身刺身◆白身なのに味わい深い。血合いの美しさもあり、実に見事な刺身になる。味も抜群にいい。
    ヨゴレアオダイのまーす煮まーす煮 少量の水と塩で短時間に煮揚げたもの。適度に繊維質で身離れがいい。淡泊な中にうま味がある。
    ヨゴレアオダイのバター焼きバター焼き やや上品すぎる味わいにバターの風味が加わり、まことに美味。仕上げにしょうゆを使うとおかずとしても優れものだ。
    ヨゴレアオダイの塩焼き塩焼き 焼いても硬くならない。しっとりとしてジューシーで実にうまい。
    潮汁
    煮つけ
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(丸に万) 鹿児島県鹿児島市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
  • 主食材として「ヨゴレアオダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ