ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヤンバルシマアオダイ(Cocoa snapper)

学名:Paracaesio stonei   Raj & Seeto, 1983

ヤンバルシマアオダイの形態写真

全長65cm、3kg前後になる。体高が高く、背中から三角形の金緑色の帯がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオダイ属
    外国名
    Cocoa snapper
    学名
    Paracaesio stonei   Raj & Seeto, 1983
    漢字・由来
    漢字 山原縞青鯛
    由来・語源 不明だが、沖縄北部でとれた個体で和名をつけたためか?
    地方名・市場名
    鹿児島県鹿児島市ではシロホタ。
    生息域
    海水魚。やや深場。
    奄美大島以南。台湾南部、オーストラリア北東岸、ニューギニア島、バヌアツ諸島、フィジー諸島、サモア島。
    生態
    基本情報
    奄美大島以南でとれる魚。
    同属のアオダイ、シマアオダイと比べると少なく、ほどんどシマアオダイと混同されているよう。
    上質なので高級魚である。
    水産基本情報
    市場での評価 シマアオダイと混同されて流通している。高価。
    漁法 釣り
    産地 鹿児島県、沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。目が澄んでいるもので。金緑色の帯が鮮やかなもの。
    味わい
    旬は不明
    鱗は薄いがしっかりしていて取りにくい。皮はやや厚く、丈夫。
    骨はあまり硬くなく、はらわたもキレイである。
    透明感のある非常にきれいな白身。
    熱を通してもあまり硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、汁(鍋、みそ汁)、煮る(煮つけ、まーす煮)、塩焼き、唐揚げ
    ヤンバルシマアオダイの刺身刺身
    非常に上質で美しい身で、うま味、甘味が豊富。実に味がいい。
    ヤンバルシマアオダイの汁
    実にいいだしが出て、煮た身が縮まず、ふっくらと軟らかい。鍋もの、みそ汁は絶品。寒い時期なら鍋材料としてとても優秀だ。
    ヤンバルシマアオダイの煮つけ煮る
    兜などを煮つけると実に美味しい。あらなどからうま味がたっぷり出るので骨湯もうまい。
    ヤンバルシマアオダイの塩焼き塩焼き
    焼いてもぱさつかず、しっとりして甘みがある。
    ヤンバルシマアオダイの唐揚げ唐揚げ
    腹の内臓を包む部分などは唐揚げにしても実にうまい。皮にゼラチン質がないので、頭部などは唐揚げに向かないと思われる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヤンバルシマアオダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ