ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

キマダラヒメダイ(Goldflag jobfish)

学名:Pristipomoides auricilla (Jordan Evermann and Tanaka)

キマダラヒメダイの形態写真

体長40センチ前後になる。紡錘形でやや側扁する。背鰭、尾鰭上葉が黄色く、全体に褐色で黄色い色合いが駁模様になっている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属
    外国名
    Goldflag jobfish
    学名
    Pristipomoides auricilla (Jordan Evermann and Tanaka)
    漢字・由来
    漢字 黄駁姫鯛
    由来・語源 黄色い色合いが駁(まだら)になっているため。
    地方名・市場名
    沖縄では、マチ、グルクンマチ。
    生息域
    海水魚。南日本。東インド・西太平洋域。
    100メート以深。
    生態
    基本情報
    めずらしい魚で関東などでは珍魚。
    ヒメダイの仲間なのでオゴダイとして流通する。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は非常に希。ヒメダイとの混同から高い。
    漁法 釣り
    産地 小笠原、沖縄
    選び方
    黄色い駁模様がはっきりしているもの。眼が澄んでいるもの。鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は春〜夏
    年間を通して比較的味が落ちない。
    鱗はやや硬め。
    皮はやや硬く、霜皮造りにもなる。
    白身でまったくクセがない。
    鮮度がいいと食感が強い。
    熱を通しても硬くならない。
    キマダラヒメダイのフィレ少しだけ赤みを帯びる白身で皮は適度に柔らかい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、塩焼き
    キマダラヒメダイの刺身刺身 血合いの色が美しく見事な刺身になる。甘さ、旨みもあり、上質な味わい。白身のなかでもトップクラスの上質さだ。
    キマダラヒメダイのバター焼きバター焼き 皮目にうま味があり、ソテーすると香ばしい。じっくりソテーすることにより、身もふっくらと甘みがある。
    キマダラヒメダイのみそ汁みそ汁 あらなどから実に味わい深いだしが出る。これだけでみそ汁を作って美味。
    塩焼き やや旨みに欠けるが上品な味わい。身離れがよくうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「キマダラヒメダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ