ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アオチビキ(Green jobfish)

学名:Aprion virescens Valenciennes,1830

アオチビキの形態写真

紡錘形で、やや側扁し細長い。目の前にくっきりした溝がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオチビキ属
    外国名
    Green jobfish
    学名
    Aprion virescens Valenciennes,1830
    漢字・由来
    漢字 青血引
    由来・語源 体色の青い血引(ハチビキなど)の仲間の意味。
    地方名・市場名
    アオチビキ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    アオマチ/沖縄宮古島
    オオマチ/沖縄県石垣島
    オーマチ/沖縄
    ギンムツ/愛媛県宇和郡愛南町
    コイ/愛媛県宇和郡愛南町
    ギンムツ、マルダイ
    生息域
    海水魚。サンゴ礁域。
    静岡県富戸〜九州南岸の太平洋沿岸、男女群島、三宅島、小笠原諸島、火山列島、、琉球列島、南大東島。台湾、インド〜太平洋。
    生態
    基本情報
    比較的温かい海域にいるやや大形魚だが、とれる量が少ない。
    プロの間では味のよさが知れている。
    長崎県などではやや高価に取引されている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。やや高価。
    漁法 釣り
    産地 長崎県、鹿児島県、沖縄県
    選び方
    鮮度のよいものは青味が強く目が澄んでいる。
    味わい
    旬は本州では夏から秋。
    鱗はやや硬く大きい。皮はしっかりして厚い。
    白身で全体に赤みを帯びる。血合いは弱い。クセは全くなく、ほどよく繊維質で食感がよい。
    熱を通しても硬くならず、ぱさつかない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、汁、焼く(塩焼き、たれ焼き)、ソテー(ポワ)
    刺身◆刺身は味も見た目も最上級。魚類中でももっとも味のいいもののひとつだ。血合いが弱く、濃厚なうま味がありながら上品な後味である。
    汁◆みそ汁(魚汁)にすると実にいいだしが出て、味わい深い。鍋材料としても優れている。
    焼く◆焼いても硬くならず豊潤無比、皮がそれ以上にうまい。身離れもいい。
    ソテー◆皮がしっかりしているのでポワレにして実にいい味をしている。オリーブオイルなどとの相性もいい。
    目の前にくっきりした溝がある。
    アオチビキの刺身刺身◆刺身は味も見た目も最上級。魚類中でももっとも味のいいもののひとつだ。血合いが弱く、濃厚なうま味がありながら上品な後味である。

    焼く◆焼いても硬くならず豊潤無比、皮がそれ以上にうまい。身離れもいい。写真は塩焼き。
    アオチビキのソテーソテー◆皮がしっかりしているのでポワレにして実にいい味をしている。オリーブオイルなどとの相性もいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「アオチビキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ