ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオクチハマダイ(Pale snapper)

学名:Etelis radiosus Anderson,1981

オオクチハマダイの形態写真

体長70cm前後になる。口の後端が目の後端直下まである。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ハマダイ属
    外国名
    Pale snapper
    学名
    Etelis radiosus Anderson,1981
    漢字・由来
    漢字 大口浜鯛
    由来・語源 ハマダイに似ていて口が大きいという意味。
    地方名・市場名
    沖縄ではマチ。
    生息域
    海水魚。水深100m以深。
    沖縄諸島以南。台湾、南沙群島、東インド〜太平洋。
    生態
    イカや魚類を補食している。
    基本情報
    沖縄周辺のやや深場で揚がる高級魚。
    一般的に「マチ類()」と呼ばれている。
    白身として非常に人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 沖縄の「マチ類」のひとつで石垣島などでは定番の食用魚。「マチ類」はおしなべて高い。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県
    選び方
    赤い体色があせていないもの。目が澄んでいるもので鰓が赤いもの。
    味わい
    年間を通してあまり味が落ちない。
    鱗は軟らかく、皮は厚みがある。
    赤みがかった白身で脂は混在する。
    熱を通しても強く縮まず硬くならない。
    あらなどからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(皮霜造り)、ソテー(バター焼き)、汁(みそ汁)、塩焼き
    刺身 皮に甘味とうま味があり、身自体にも奥行きのあるうま味がある。食感もよくて非常に味がいい。
    バター焼き ムニエル、ポワレなどソテーしてもいい。ただし沖縄の魚なのでここでは「バター焼き」にしてみた。
    魚汁(みそ汁)にしてまことに美味しい。ご飯のおかずに最適。
    塩焼き 焼いてもあまり縮まず、しっとりとしている。漬け魚にしてもいいと思われる。
    オオクチハマダイの刺身オオクチハマダイの刺身
    厚みのある皮でやや硬いが、それだけに味がある。刺身にするなら皮霜造り、焼霜造りに向いている。
    オオクチハマダイのバター焼きオオクチハマダイのバター焼き
    沖縄の郷土料理ともいえそうなバター焼き。
    オオクチハマダイの魚汁オオクチハマダイの魚汁
    は沖縄の郷土料理で魚のみそ汁のこと。ご飯のおかずになる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊藤さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「オオクチハマダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ