新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
形態◆色合い茶色、もしくは肌色。貝殻はエゾボラ属ではやや薄い。角張り、成長脈(貝殻の縦に走る筋)が強く肩で割れてヒレ状に盛りあがる。螺肋(貝殻にある筋)は太く目立つ。
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱真腹足目
エゾバイ科エゾボラ属
エゾボラ
Neptunea polycostata Scarlato,1952
他のエゾバイの仲間へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身/煮つけ(酒蒸し)
○美味
大きさ◆殻長20センチを超える
生息域◆北海道以北に棲息している。
生態◆調べているところ。
エゾバイ科(Buccinidae)について◆
国内には200種前後。
食用となる貝は多い。代表的なものはエゾバイ属(Buccinum)にエッチュウバイ、エゾバイ、バイ属(Balylonia)にバイ、セイロンバイ、エゾボラ属(Neptunea)に真つぶ(エゾボラ)、アツエゾボラ、エゾボラモドキなど。
エゾバイ科エゾボラ属(Neptunea))について◆
国内に20種以上。
■主に刺身用。
■唾液腺にテトラミンを含む(テトラミンは下記)。
市場での評価・取り扱われ方◆
■関東など市場には入荷量の多いつぶ。今や定番化している。大きいと高いが、小さなものは値段が落ちる
エゾボラの基本◆
■日本海の貝。
漁獲方法◆カゴ漁
漢字◆「蝦夷法螺」
由来◆形態から。
呼び名・方言◆
■北海道では「マツブ(真つぶ)」、「Aツブ(A つぶ)」。
エゾボラ属のABは「A ツブ」=「エゾボラ」、「Bつぶ」はエゾボラモドキを中心にエゾボラ以外と考えていいかも?
つぶの毒・テトラミンについて◆
主にNeptunea(エゾボラ属)の巻き貝の唾液腺に含まれる。
Neptunea(エゾボラ属)以外にはスルガバイ(エゾバイ科エゾバイ属Buccinumのスルガバイ、フジツガイ科のアヤボラなどにも含まれる。
発症する唾液腺の量は個人差がある。
症状は頭痛、めまい、船酔い感、酩酊感(酒によったような状態)、視覚以上。
■個人的にはヒメエゾボラ4個分を食べてみたが、症状はでなかった。
◆食べてみる◆
 エゾボラ類では貝殻が薄く、歩留まりがいい。
 刺身にするのが一番うまい。殻を割り、テトラミンを含む唾液腺(黄色もしくは白で身を割ると出てくる。「あぶら」と呼ばれる)を取り、軽くもみ洗い、また塩もみして切る。刺身にして身に斑紋がなくきれいだ。
 また昆布出しでさらりと炊き、取り出す。炊いた昆布だしが冷えたら身をもどして一夜以上おいたものは、本種の持ち味をいちばん味わえるかも?
身の取り出し法など刺身の作り方はここから!
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●刺身製作/八王子市スーパーイシカワ
同定/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する