ミゾレチョウチョウウオ

ミゾレチョウチョウウオの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
SL 18cm前後になる。体高が高く体側に目立った斑紋はない。吻は尖る。目の上から背鰭起部まで、目を通り過ぎて下縁まで黒い横縞がある。腹鰭は黒い。
SL 18cm前後になる。体高が高く体側に目立った斑紋はない。吻は尖る。目の上から背鰭起部まで、目を通り過ぎて下縁まで黒い横縞がある。腹鰭は黒い。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
外国名
Klein's Butterflyfish, Sunburst butterflyfish
学名
Chaetodon kleinii Bloch, 1790
漢字・学名由来

漢字/霙蝶々魚 MIzorechouchouuo
由来・語源/白点のある鱗が並んでいるのを霙のようだと考えたためか。
〈テフテフウヲ科テフテフウヲ属ミゾレテフテフ(新称)〉。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)

Bloch
Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
地方名・市場名
カーサ カーサグヮー
備考チョウチョウウオ類の総称として。 参考河村雄太さん 場所沖縄県石垣市 

概要

生息域

海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
北海道函館市臼尻町(幼魚)、伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県外房〜九州南岸の大平洋沿岸、屋久島、琉球列島、南大東島。
幼魚/鹿児島県甑島
台湾、福建省、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋(ハワイ諸島をふくみサモア諸島まで;アラビア海をのぞく)、ガラパゴス諸島。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど