【さかな飯】小ヤリイカで親子丼

ヤリイカの真子&卵で豪華に

ヤリイカの親子丼

市場で「小ヤリ」と呼ばれている小振りのヤリイカは多くが雌である。

ヤリイカは雄が大きくなり、雌は成長しても外套長25cm前後にしかならない。

今回のものは茨城県産で鮮度抜群だった。胴は刺身に、げそと卵巣・精巣は親子丼にしてみた。

鍋に水・みりん・しょうゆを合わせて火をつける。

玉ねぎを少し煮て甘味を出す。

げそと卵巣・精巣を加えて煮て、煮上がりに溶き卵を流し込む。

三つ葉を散らして出来上がりだ。

材料を揃えても10分以下しかかからない。簡単で食いしん坊も大満足って丼だ。

このコラムに関係する種

ヤリイカのサムネイル写真

海水生。
北海道南部以南、九州沖から黄海、東シナ海沿岸・近海域。
沖縄を除く日本列島をぐるりと取り巻くように棲息している。・・・・
ヤリイカのページへ


関連記事 ▽

呼び名検索

方言を含む全ての名(標準和名,方言,呼び名,外国名,学名)から水産物を検索します。

閉じる