ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アイブリ(Blackbanded trevally)

学名:Seriolina nigrofasciata (Rüppell,1829 )

アイブリの形態写真

体長40㎝前後になる。側へんする。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科アイブリ属
    外国名
    Blackbanded trevally
    学名
    Seriolina nigrofasciata (Rüppell,1829 )
    漢字・由来
    漢字 合鰤
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。鰤(ブリ)に似て、鰤(ブリ)ではない。中間的なもの。
    地方名・市場名
    徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』でブリモドキ。
    鹿児島県南さつま市笠沙でモウオ。
    シホノオバサン、バカ、ハマチ。
    生息域
    海水魚。沿岸の中層、下層。
    北海道全沿岸〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、奄美大島。
    少ないが小笠原諸島、沖縄県。
    朝鮮半島南岸・東岸、済州島、千島列島南岸、ピーター大帝湾。
    生態
    基本情報
    定置網などに紛れ込むもの。
    珍しいものではないが、1匹、ないし数匹しか一度にとれないので、商品価値は低い。
    ただサワラやマナガツオに近い白身で嫌みがなく美味。
    産地などでもっと利用されてもいい。
    流通にも希にのるがまとまらないので、一定の評価自体がない。
    水産基本情報
    市場での評価 希に入荷する。安い。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    大きい方が味がいい。体側の模様がくっきりしたもの。目が澄んで鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は秋から冬。
    鱗は細かく取りやすい。皮は薄いがしっかりとしている。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身だが、すぐに白濁する。熱を通しても硬く締まらない。
    あらなどからいいだしが出る。
    料理法を選ばない魚のひとつ。
    アイブリのフィレ
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、汁、煮つけ、焼く(幽庵焼き、塩焼き)、フライ、ムニエル
    刺身 白濁しているのでマナガツオに似ている。大形のものは脂があって、実に美味。
    みそ汁、潮汁などにしても味がいい。また鍋ものにしてもイヤミがなく軟らかくて美味しい。
    煮つけ 液体を使った料理がとてもうまい。定番の煮つけも絶品である。煮ても硬くしまらず、くせのないうまいだしが出る。
    焼く 塩焼きにしてもいいが、むしろ幽庵焼き、西京焼きなど味つけしていい味わいになる。
    フライ 唐揚げなどよりも、パン粉をつけて揚げる、フライが実にうまい。白身魚として実にフライ向き。
    ムニエル バターとの相性がとてもいい。
    アイブリの刺身刺身 白濁しているのでマナガツオに似ている。大形のものは脂があって、実に美味。
    アイブリの汁 みそ汁、潮汁などにしても味がいい。また鍋ものにしてもイヤミがなく軟らかくて美味しい。
    アイブリの煮つけ煮つけ 液体を使った料理がとてもうまい。定番の煮つけも絶品である。煮ても硬くしまらず、くせのないうまいだしが出る。
    アイブリの幽庵焼き焼く 塩焼きにしてもいいが、むしろ幽庵焼き、西京焼きなど味つけしていい味わいになる。
    アイブリのフライフライ 唐揚げなどよりも、パン粉をつけて揚げる、フライが実にうまい。白身魚として実にフライ向き。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「アイブリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ