ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

モロ(Horse-mackelel, Lajang)

学名:Decapterus macrosoma Bleeker.1851

モロの形態写真

体長30センチ近くになる。圃場に細長く断面が円に近い。背中の鱗の領域は前方眼球上を越えない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ムロアジ属
    外国名
    Horse-mackelel, Lajang
    学名
    Decapterus macrosoma Bleeker.1851
    漢字・由来
    漢字 鰘、諸、牟婁
    由来・語源 「むろ」と「もろ」は古くは混同されていたようで、「むろ」が「もろ」に変化したもの。
    「むろ」の語源、由来は以下。
    「『本朝食鑑』に播州室の津で多くとれた」もしくは「紀州和歌山県「牟婁」でよくとれたためではないか」。(参考/『食の体験文化史』森浩一 中公文庫)
    個人的には「むろ」は和歌山県の牟婁地方(串本や周参見のある)でとれたからくるのだと思っている。
    地方名・市場名
    千葉県南房総市でムロアジ。
    静岡県下田市でコムロ(小ムロ)。
    別名、ミズムロ(ミヅムロ)、ムロ、モロアジ。
    生息域
    海水魚。少ないが北海道〜茨城、千葉〜九州南岸・種子島の太平洋沿岸、山口県日本海沿岸〜九州西岸・東シナ海、沖縄。東シナ海大陸棚縁辺域、朝鮮半島南岸、済州島、台湾中国東シナ海・南シナ海。インド・太平洋。
    沿岸、水深30〜170メートルの中層・下層。
    生態
    基本情報
    アジ科のなかでも非常に利用される機会の少ないものと思われる。
    産地周辺では干物の原料などになっている。
    関東では相模湾、千葉県外房などで干物になって売られていて、なかなかうまい。
    鮮魚としては淡泊で味わいに欠けるので需要はほとんどない。
    水産基本情報
    市場での評価 一般に干物などになる。鮮魚としての入荷は関東ではほとんど皆無。安い。
    漁法 定置網、巻き網
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。体側の銀色に光があるもので、鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は関東では寒い時期。旬を外すと味が落ちる。
    鱗は小さく取りやすい。皮は薄く手で剥がせる。
    透明感のある白身で脂が皮下に層を作る。血合いは大きい。
    熱を通すと少し締まり硬くなる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、干物、唐揚げ
    刺身◆外房、相模湾などでは寒くなると脂がのってくる。この時期は刺身は実にうまい。ワサビよりもショウガとの相性がいい。
    干物◆旨みに欠けるので塩をして干すことで凝縮する。淡泊な中に背の青い魚特有の味わいが感じられる。
    唐揚げ◆無難な味わい。香ばしいので、やや美味。
    背中の鱗の領域は前方眼球上を越えない。

    干物◆旨みに欠けるので塩をして干すことで凝縮する。淡泊な中に背の青い魚特有の味わいが感じられる。
    モロの唐揚げ唐揚げ◆無難な味わい。香ばしいので、やや美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    小ムロの干もの●開き干し。『三浦屋水産(静岡県下田市)』
    むろあじひらき(むろあじの開き干し)●モロ
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「モロ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ