ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナンヨウカイワリ(英名/Ferdau's trevally)

学名:Carangoides orthogrammus (Jordan & Gilbert,1882)

ナンヨウカイワリの形態写真

体長40cm前後になる。側へんし、体側に黄金色の斑紋が散らばる。他のヒラアジの仲間とは身体に黄金を散らしたような模様があることで簡単に同定できる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ヨロイアジ属
    外国名
    英名/Ferdau's trevally
    学名
    Carangoides orthogrammus (Jordan & Gilbert,1882)
    漢字・由来
    漢字 南洋貝割
    由来・語源 熱帯のカイワリの意味。
    地方名・市場名
    沖縄でヒラガーラ。
    生息域
    海水魚。南日本、小笠原、沖縄。インド・太平洋域。東部太平洋。
    サンゴ礁などの浅場。
    生態
    基本情報
    主に暖流のさす温かい海域の西日本、亜熱帯域で食べられている魚である。あまりまとまってとれない魚だが、味がいいことは産地などで知られている。
    シマアジほど大きくならないが、見た目のよさから関東などに入荷してきても比較的よく売れている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東ではあまり出回らない。産地ではやや高値。
    漁法 釣り、定置網
    産地 沖縄県、鹿児島県、東京都
    選び方
    味わい
    旬は秋から初夏ではないかと思う。
    鱗はほとんどない。皮は薄いが強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で熱をとおしても硬く締まらない。血合いもきれい。
    料理の方向性
    血合いがきれいで鮮度がよければ透明感もあるので刺身は非常に美味。皮は意外に硬いので皮霜造りではなく焼霜造りに向く。単に塩焼きにしても味がいい。またアジ類特有のうま味があって、いいだしが出るので汁もの、煮つけなどにも向いている。揚げ物派フライ、唐揚げなどが美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、みそ汁、塩焼き
    刺身 刺身は血合いがよわく見た目が美しい。味はアジというよりは白身魚に近い。ほんのり脂があってうま味もある。
    ナンヨウカイワリのみそ汁魚汁(みそ汁) 沖縄ではアジ類を「がーら」といい、みそ汁は定番料理である。濃厚なうま味があって、身離れもよくとてもうまい。
    ナンヨウカイワリの塩焼き塩焼き 焼いても硬く締まらず、なかがしっとりとして甘味が感じられる。皮目の風味もいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります

    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ナンヨウカイワリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ