ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シマアジ(White trevally)

Scientific Name / Pseudocaranx dentex (Bloch and Schneider,1801)

シマアジの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長70cm前後になる。側へんして幼魚・若魚のときには側面か見ると体の中心部が高い猫の目形、大きくなるに従い芽の後ろ上部が盛り上がってくる。生きているとき、鮮度のいいときには黄色い縦縞が1本体側に走る。養殖場から逃げ出したもの。養殖魚は天然ものよりお目が大きく頭部が大きい。体長20cm弱の若魚。体側から見るときれいな猫の目形をしている。

シマアジの形態写真

体長70cm前後になる。側へんして幼魚・若魚のときには側面か見ると体の中心部が高い猫の目形、大きくなるに従い芽の後ろ上部が盛り上がってくる。生きているとき、鮮度のいいときには黄色い縦縞が1本体側に走る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科シマアジ属
    外国名
    White trevally
    学名
    Pseudocaranx dentex (Bloch and Schneider,1801)
    漢字・由来
    漢字 島鰺、縞鰺
    由来・語源
    ■ シマアジは東京と高知での呼び名。高知県ではアジ科の魚全般をさし、シマアジ単体ではない。
    ■ 伊豆諸島や太平洋岸の沿岸島々でとれるから。
    ■ 身体に黄金色の縦縞があるから。
    地方名・市場名
    オオカミ/東京で特大
    コセ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    ソイ/和歌山県
    他にはアブラカマジ、ウタゴ、オーガシ、カツオアジ、カツン、カマジ、ギュウギュウ、クチグロカマヂ、クチトガヤー、コセ、コセアジ、シマイオ、シマイサギ、シマイッサキ、シラシヨウジ、ソジ、ソウジ、ヒラアジ、メアカサゴ。
    生息域
    海水魚。沿岸の200mよりも浅い中・下層。
    伊豆〜伊豆諸島、青森県〜九州南岸の太平洋沿岸(茨城県以北には未成魚)、未成魚は新潟県〜九州北部の日本海沿岸、九州西岸、屋久島、沖縄島以南の琉球列島。台湾、東太平洋を除く全世界の温帯域。
    生態
    産卵期は秋から冬。
    ギュウギュウと鳴く。
    小魚類をエサとする。
    基本情報
    関東では高級白身(関東ではブリ属なども白身)として重要。
    養殖が確立してやや値下がりしたが、それでもスーパーなどに並ぶことはない。
    天然ものは非常に少なく貴重な存在となっている。
    釣りの世界ではスーパースターである。
    水産基本情報
    市場での評価 市場にならぶほとんどが養殖もの。天然物は少なく、中型の2キロ、3キロは非常に高く1尾で1万円、2万円することもある。養殖ものは価格が安定しており、キロあたり2000円〜3000円でやはり高価だが、ときどき大きく値崩れすることがある。刺身用アジ類ではシマアジ、カンパチ、ブリの順に高い。
    ニュージーランド、オーストラリアなどから近縁種のチルド輸入もある。輸入魚としては高価。
    漁法 釣り、定置網
    主な産地 伊豆諸島、鹿児島県、高知県など太平洋側の地域。
    養殖 大分県、愛媛県、熊本県、長崎県
    選び方
    目が澄んでいるもの、身体に張りがあるもの。体色がくすんでいるもの、鰓の色が暗褐色のものはさける。
    味わい
    旬は夏から秋
    小型のものは年間を通して美味。
    鱗は細かく取りにくい。皮は薄く取りにくい。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身で皮を引くと銀皮がある。血合いは赤くきれいである。熱を通しても強く縮まず、ほどよく繊維質で身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、焼く(塩焼き、みそ漬け)、煮る(あら煮、煮つけ)、汁(潮汁、みそ汁、中華風スープ)、揚げる(フライ、唐揚げ)
    天然シマアジの刺身シマアジの刺身 天然ものの刺身。値段が高いので刺身になることが多い。一般に刺身とし、粗を潮汁というのが定番だと思われる。刺身は白身と背の青い魚の中間にある、双方のよいところを持っている。特に天然物は大型のアジ類の中でももっとも後味がいい。どんなに高価でも天然シマアジを買うには意味があると思う。
    養殖シマアジの刺身養殖シマアジの刺身 養殖シマアジの脂は運動不足と高脂質のエサから来るものだろう。昔はこの大量の脂を嫌って氷水で締めてから使うという料理人も少なくなかった。身質は繊維質が少なくねっとりと舌にからみつくようで、後味まで強い。天然シマアジとはまったく別種の味だ。ときどき養殖物が逃げ出して、それが定置などに入ることがある。これも同様に味わいで脂の付き方は天然ものとは違っている。
    養殖シマアジのカルパッチョ養殖シマアジのカルパッチョ 養殖シマアジはそれほど高いわけではない。ときに値崩れを起こすことも。高級魚と思わず、いろいろ試してみた。脂が強いので刺身は好き嫌いがでる。それを柑橘類などでカバーし、脂に油を足し算したら、意外にもあっさりした味になった。
    天然シマアジの塩焼き天然シマアジの塩焼き 脂がのったシマアジを切り身にして振り塩をする。1時間以上寝かせて、じっくりと焼き上げたもの。まずは香りのよさに魅了される。身は脂を含んで柔らかく、舌の上でうま味を発散しながらほぐれていく。脂が強いのに後味がいいのも天然ものならでは。
    シマアジのみそ漬けシマアジのみそ漬け シマアジを三枚におろしてみその地につけ込む。地は広島県産白みそ、みりん、酒、少量の砂糖。これを焦がさないようにていねいに焼く。天然もので作ってもいいが養殖ものが値崩れしたときなどに漬け込んで置くのもよしかも。
    シマアジのあら煮 頭部や中骨、すいた腹の骨部分を集めて湯通しする。冷水に落として残った鱗やぬめりを取る。水分をよく切り、酒、砂糖、しょうゆでこってりと甘辛く煮たもの。酒、塩だけであっさりと煮てもおいしい。頭部の皮は厚みがあり、ゼラチン質がぷるんとして甘みがある。ご飯に合う。
    シマアジの煮つけシマアジの煮つけ 三枚に下ろした身を切り身にする。湯通しして冷水に取りぬめりを流す。水分をよくきり、しょうゆ、酒、みりんで比較的あっさりと煮たもの。短時間で煮たものなので味が身の奥まで浸透していないので、身をほぐして煮汁にからめながら食べる。
    天然シマアジの潮汁天然シマアジの潮汁 刺身などに下ろしたあらの部分を集める。湯通しして冷水に落として残っている鱗やぬめりなどを取る。水分をよくきり、昆布だしで煮だして酒、塩で味つけする。仕上げにゆずのせん切り、山椒、コショウなどを振る。天然の上物のシマアジなら思わず目が覚めるほふぉに、うまい潮汁が出来上がる。
    シマアジのみそ汁(魚汁)シマアジのみそ汁(魚汁) シマアジのあらを集めて、湯通しする。冷水に取り、残った鱗、ぬめりを流す。よく水分をきり、水から煮出して、少量の酒を加え、仕上げにみそを溶く。昆布だしを使うと一層味がよい。養殖ものなど脂が強いものに向く。また沖縄県の「がーら汁」なわけでご飯にも合う。
    シマアジのフライシマアジのフライ 皮目に風味があるので三枚に下ろして、皮付きのまま切り身にする。塩コショウして小麦粉をまぶし、溶き卵をからめてパン粉をつけて揚げる。揚げても身は硬く締まらず、豊潤。皮にはアジ科らしい風味があって非常に美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    日本各地。
    加工品・名産品
    釣り情報
    千葉県外房ではコマセ釣りで狙う。天秤仕掛けにコマセカゴ、4号、もしくは5号のハリスでオキアミエサ。
    大きくても1キロ前後ながら、強烈なひきが楽しめる。
    伊豆諸島などでは磯からも狙える。非常に引きが強く、釣り上げるのが至難。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)
  • 主食材として「シマアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ