ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アカアジ

学名:Decapterus akaadsi Abe,1958

アカアジの形態写真

体長25cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ムロアジ属
    外国名
    学名
    Decapterus akaadsi Abe,1958
    漢字・由来
    漢字 赤鰺
    由来・語源 全体に赤味を帯びているため。
    地方名・市場名
    アカアジ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    ヒメアジ/静岡県沼津
    生息域
    海水魚。南日本〜東シナ海。南シナ海。
    大陸棚縁部。
    生態
    基本情報
    定置網などに混ざるものといった存在。
    量的に少ないためか流通にのることが少なく、ローカルな存在。
    非常に値が安く、干ものなどに加工されることも。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では入荷は非常に希。安い。
    漁法 定置網
    産地 和歌山県、三重県、静岡県
    選び方
    味わい
    旬は秋から初冬
    鱗は薄く、取りやすい。皮は薄く、包丁で引いても手で剥いてもよい。骨は軟らかい。
    身は血合いが多く、やや繊維質でマアジよりももろい。身質、味はマアジに近い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(酢じめ)、塩焼き、煮つけ、汁
    アカアジの刺身
    アカアジの刺身 秋から冬のものは駿河湾産などは脂がのっている。とろっと甘みがあり、とても美味しい。酢じめにしても美味。
    アカアジの塩焼き
    アカアジの塩焼き 青魚特有の皮目の風味とうま味が豊か。焼いても適度に軟らかくて、身離れがよく味がいい。
    煮つけ 煮つけは無難な味わい。おかずに向いている。
    みそ汁にしても美味しい。濃いめの味つけ、タマネギなどを加えるとご飯のおかずになる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    相模湾や千葉県外房が北限だと思われる。
    相模湾で見る限りムロアジ属でももっとも漁獲漁が少ない。体高が高く、マアジに似ているがヒレが赤い。
    ◆食べてみる◆
    ムロアジ属では血合いの少ないもの。食べるとまことにうまい。特に刺身は絶品。秋には脂ものり、身に旨味がある。脂がのってうまいので塩焼きにもできる。また「なめろう(マアジを参照)」、フライ、ムニエルどれも結構イケます。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「アカアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ