ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ウマヅラアジ(英名/ Diamond-fish,diamondtrevally)

学名:Alectis indicus (Rüppell,1830)

ウマヅラアジの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長1メートル前後になる。小さい時は真四角に近く、頭部、肩から口にかけての斜面はくぼむ。幼魚期には背ビレと腹ビレ、尻ビレが著しく伸びる。体長15cmの幼魚。正方形に近く背鰭・腹鰭・尻鰭が著しく伸びる。体長80cm前後。体が長くなり伸びていた鰭は伸びていない。

ウマヅラアジの形態写真

体長1メートル前後になる。小さい時は真四角に近く、頭部、肩から口にかけての斜面はくぼむ。幼魚期には背ビレと腹ビレ、尻ビレが著しく伸びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科イトヒキアジ属
    外国名
    英名/ Diamond-fish,diamondtrevally
    学名
    Alectis indicus (Rüppell,1830)
    漢字・由来
    漢字 馬面鰺
    由来・語源 顔の部分の形、様子から。
    地方名・市場名
    沖縄ではガーラ。
    生息域
    海水魚。内湾など沿岸部の低層。
    山口県の日本海沿岸、宮崎県延岡、日南市油津、鹿児島県笠沙、沖縄島。台湾、中国東シナ海沿岸、南シナ海、トンキン湾、インド-西太平洋。
    生態
    基本情報
    九州、沖縄などでは食用魚。
    味の評価が低く、沖縄では他の平アジ類と合わせて単にガーラ。
    市場やスーパーなどでぶつ切りなどにして、魚汁(みそ汁)や刺身として売られている。
    手頃な値段なのでやや人気がある。
    水産基本情報
    市場での評価 主に鹿児島県、沖縄県などで食用となる。安い。
    漁法 定置網、釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    銀色に輝いているもの。触って張りのあるもの。眼が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は不明。秋の中型は美味。
    鱗はない。皮は非常に薄い。骨は軟らかい。
    透明感のある白身で血合いが弱い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 生食(刺身、セビチェ、カルパッチョ)、汁(みそ汁、潮汁)、揚げる、焼く(塩焼き、魚田、幽庵焼き)、煮る
    ウマヅラアジの刺身刺身は透明感があり美しくうま味があって美味しい。柑橘類などとも合う。カルパッチョやセビチェにしてもいい。
    あらなどから実にうま味に満ちただしがでる。身離れもよく、この身に甘みがある。塩味の潮汁も美味である。
    小麦粉、ビール、酢を合わせて衣にしたフライにした。中がジューシーで甘味があり美味しい。唐揚げにしてもいい。
    焼いても硬く閉まらず軟らかいのがいい。塩焼きのほか、みそ漬け、祐庵漬けにしてもうまい。
    ウマヅラアジの煮つけ煮つけはやや濃いめの甘辛味にして美味。ご飯に合う。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/ねこや商店(宮崎県日南市油津)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ウマヅラアジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ