ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オアカムロ(英名/Mackerel scad,Northern mackerel,Russel's scad,Indian scad)

学名:Decapterus tabl Berry

オアカムロの形態写真

35センチ前後になる。細長く、紡錘形で目が大きい。尾鰭(おびれ)が赤く、他の鰭もやや赤い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ムロアジ属
    外国名
    英名/Mackerel scad,Northern mackerel,Russel's scad,Indian scad
    学名
    Decapterus tabl Berry
    漢字・由来
    漢字 尾赤室
    由来・語源 東京での呼び名。尾鰭(おびれ)が赤いアジの意味。
    東京での呼び名「おあか」から。これにアジをつけたもの。
    地方名・市場名
    別名、オアカアジ。
    紀州各地(和歌山県)でアカムロ、田辺でオアカ、串本・太地で幼魚をアカメンタイ。
    アカアジ、アカウルミ、アカムロ、グルクン、ムロ。
    生息域
    海水魚。大陸棚縁辺の表層〜水深360メートル。
    小笠原諸島、千葉県〜九州南岸の太平洋沿岸、九州西岸の東シナ海、奄美大島、沖縄県那覇。少ない[北海道〜茨城県の太平洋沿岸、山形県〜山口県の日本海]。東シナ海大陸棚縁辺〜斜面、済州島、台湾、ケニア沖、バリ島付近、オーストラリア西岸・東岸、ハワイ諸島、バミューダ、コロンビア沖、セントヘレナ。
    生態
    基本情報
    関東ではときどきスーパーなどに並んでいる。
    ただし認知度は非常に低い。
    水産基本情報
    市場での評価 加工品となることも多い。鮮魚では安定的ではないが、ときにまとまって入荷してくる。値段は安く、ときに非常に安値となる。
    漁法 巻き網、定置網
    主な産地 相模湾以南の太平洋側各地。
    選び方
    身体自体に赤味のあるもの。触って硬いもの。
    味わい
    旬は初冬から春。
    鱗は小さく薄く取りやすい。
    稜鱗(ぜんご)は細く短い。
    皮はしっかりしており、手で剥がれる。
    赤味をおびた身で血合いが大きいが、色合いのために目立たない。
    クセのない味で、熱を通すと締まる。
    オアカムロのフィレ断面身は赤みを帯びている。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 生食〈刺身、たたき、セビッチェ、カルパッチョ、なめろう・さんが焼き(みそたたき)〉、汁〈みそ汁、潮汁〉、煮つけ、焼く〈塩焼き、干もの〉、揚げる〈フライ、唐揚げ〉
    揚げる◆マアジ同様にフライになる。旬の脂ののったものは硬く締まらず美味しい。ほかには唐揚げなどにもなる。
    オアカムロの刺身生食◆寒い時期なら刺身がいい。脂が乗っており、旨みも充実している。マアジと比べると味わいに深みがないのでセビッチェ(ライムでしめる)、カルパッチョ、皮目をあぶってたたきにするとより美味。
    オアカムロのなめろうなめろう◆みそと細かくたたいて、なめろう(みそたたき)にしてもよい。またこれを焼いて、さんがにしてもいい。さんがは網焼きにでもいいし、ソテーしてもいい。
    オアカムロのみそ汁みそ汁◆沖縄などではアジ類をみそ汁にする。これは味がいいのだけど、本種も中骨などからいいだしが出る。中落ち、あらなどが出たらぜひみそ汁に。
    オアカムロの干物焼く◆旬の時期の塩焼きは焼いて柔らかく、ほどよく身がしっとりする。皮目は香ばしく、独特の風味がある。干ものにしてもとてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    相模湾などでのマアジ釣りでありきたりな外道である。サビキでもマアジ釣りの片天秤でもマアジの底近くのタナに下りる前にこれがくる。大型で味もイイので釣り師にも人気がある。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ●20131212岩手県盛岡市居酒屋で刺身を食べている。
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)
  • 主食材として「オアカムロ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ