新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ナガサキフエダイ」はこちら >>

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属

ナガサキフエダイ(nagasakifuedai)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Pristipomoides multidens (Day,1870)
外国名 英名/Snapper,Sea-perch
同科同属 その他のフエダイ科の魚へはここから!
漢字・由来 漢字/長崎笛鯛
由来・語源/田中茂穂の著書に「ナガサキイシチビキの旧名をナガサキフエダイ」とあるが学名をPristipomoides sparus (Temminck and Schlegel)としており不明。たぶん長崎県産からくるものと思われる。
代表的な呼び名
地方名・市場名

鹿児島県でクロマツ。

形態

体長70センチ前後になる。やや側扁(左右に平たい)し細長い。赤い体色に黄色の色素が見られる。


頭部背面には不規則な横縞がある。

生息域 海水魚。南日本。インド・西太平洋域。
100メートルより深場。
生態  
基本情報 鹿児島県以南に多く見られるもので、まとまってとれない魚。
沖縄などではハマダイなどとともに「マチ類」とされる。
大型で味がいいので、
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/主に九州、熱帯域であがる。関東で見かけることは非常に希。やや高値。
漁法/釣り
産地/鹿児島県、沖縄県
ノート  
選び方 黄色い駁模様がはっきりしているもの。眼が澄んでいるもの。鰓が赤いもの。
味わい・栄養 ★★★★ 非常に美味
旬は春から初夏。
鱗が硬く大きい。皮はしっかりしており、引きやすい。
白身で鮮度がよいと透明感がある。
血合いは非常に美しい。
切り身、下ろした状態の図鑑  
寄生虫
すしネタ 白身ネタ。上品で嫌みにない味。ただしやや淡泊に過ぎる。霜皮造り、焼き霜造りは皮下、皮に旨みが感じられて美味。淡泊でクセがないので昆布締めにしてもよい。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法 刺身、汁(みそ汁、潮汁、鍋など)、煮つけ、塩焼き、ポワレ
食べ方

刺身◆血合いのきれいな白身で甘みやうま味があり美味。肝や胃袋などもうまい。



汁◆潮汁、みそ汁、鍋材料などにしてもいい。特に沖縄風にみそ汁にすると、おかずになる。



煮つけ◆かしらやカマなどの煮つけもうまい。食べた後で骨湯を楽しんで欲しい。

ポワレ◆皮がしっかりしているのでソテーするとこんがりと香ばしい。バルサミコやシェリービネガーなど酸味との組み合わせがおすすめ。塩焼き◆焼いても身が固く締まらず、しっとりして美味。

好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献

協力/田中水産 鹿児島県
『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)




関連コンテンツ