マアナゴウ

代表的な呼び名マアナゴ

マアナゴウの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
SL:70mm前後になる。蓋はなく、比較的円形に近い。たのミミガイ科と比べて螺層の広がり方が穏やかで、殻頂も右に著しく偏っていない。呼水孔はわずかに高い。比較的螺肋が目立つ。
SL:70mm前後になる。蓋はなく、比較的円形に近い。たのミミガイ科と比べて螺層の広がり方が穏やかで、殻頂も右に著しく偏っていない。呼水孔はわずかに高い。比較的螺肋が目立つ。
SL:70mm前後になる。蓋はなく、比較的円形に近い。たのミミガイ科と比べて螺層の広がり方が穏やかで、殻頂も右に著しく偏っていない。呼水孔はわずかに高い。比較的螺肋が目立つ。
殻頂は著しく右に偏っていない。呼水孔はわずかに高い。比較的螺肋が目立つ。[写真下が後方、上が前方]
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ミミガイ科ミミガイ属
外国名
学名
Haliotis (Ovinotis) ovina Gmelin,1791
漢字・学名由来

漢字 真穴光、真穴合 Managou
由来・語源 岩川友太郎による。『夢蛤 電子版』(大阪市自然史博物館) くぼみや岩などの隙間(穴)に隠れて見つかるため。別名、ヒナノトコブシ。

地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

海水生。岩礁域・サンゴ礁域。
紀伊半島、小笠原以南。熱帯インド・西太平洋。
潮間帯の岩礁域 捨て石などにいるのではなく、磯などの岩礁にくぼみを見つけて潜んでいる。

生態

基本情報

主に鹿児島県以南で自家用に消費されているもの。一般に「磯もの」などとされるものだ。実際に屋久島などでは「磯もん」と呼ばれている。
サザエ科やニシキウズ科の巻き貝と比べると可食部分も大きく、味がいいので人気のあるものだったようだ。流通上ではまだ見ていない。

水産基本情報

市場での評価/龍通常では見ていない。
漁獲方法/採取
産地/鹿児島県、沖縄県

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は不明。
貝殻はミミガイ科では薄い。軟体部分は貝殻に対して大きい。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

マアナゴウの料理法・レシピ・食べ方/煮る(煮貝)
マアナゴウの煮つけ(煮貝) 軟体は大きく、あまり砂などを噛んでいない。ザルなどに入れて流水で表面の汚れなどをざくざくと洗う。これを酒・みりん・醤油を煮立たせたなかで短時間で煮上げる。あまり火を通しすぎると硬くなる。足の部分はほどよい硬さで、貝らしい風味がある。わたはほんのり苦くて味わい深い。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

アヤブル
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所沖縄県宮古・来間島 
パントゥルゲー
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所沖縄県島尻郡伊平屋村野甫島 
クチガッタイオービ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県奄美大島与論島 
アナゴ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県奄美大島加計呂麻島 
イシオービ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県奄美大島和泊町和泊・与論島 
イソモン[磯もん]
参考聞取 場所鹿児島県屋久島 
イセモン[磯もん]
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県屋久島湊向井 
ヒナノトコブシ
備考別名。 場所別名 
マーミニア マーミニャ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県奄美大島瀬戸内町押角