コクハンハタ

コクハンハタの生物写真

40cm SL 前後になる。ずんぐりして側へん(左右に平たい)。体表に褐色の小さな斑紋があり、背中後部に短い帯上の濃い褐色の斑がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ族ユカタハタ属
外国名
Sixblotch hind, Sixband cod, Six-banded rockcod, Sixband rockcod , Sixspot rockcod
学名
Cephalopholis sexmaculata (Rüppell,1830)
漢字・学名由来
漢字 黒斑羽太 Kokuhanhata
由来・語源 背中後部に黒い斑紋が並んでいるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。岩礁域、サンゴ礁域のやや深場。
小笠原諸島、土佐湾、屋久島、沖縄諸島、八重山諸島。
台湾南部、南沙諸島、インド-太平洋。

生態

基本情報

小笠原、九州、沖縄などに見られる小型のハタ。
ハタ類のなかでは比較的安い。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる