シマイシガニ

シマイシガニの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
甲長13cm前後になる。額角は6歯。独特の縞模様がある。[雄]
甲長13cm前後になる。額角は6歯。独特の縞模様がある。[雄]
甲長13cm前後になる。額角は6歯。独特の縞模様がある。[雌]
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科イシガニ属
外国名
Flower crab
学名
Charybdis (Charybdis) feriata (Linnaeus, 1758)
漢字・学名由来
漢字 縞石蟹
由来・語源 イシガニの仲間で縦縞があるという意味。イシガニは石のように硬いカニの意味合い。
Fauna Japonica(日本動物誌) 〈甲面に赤褐色の縦縞を有する故、Fauna Japonica にはシマカゼガニと記されてある。〉『日本蟹類圖説』(酒井恒 三省堂 1935初版、1942年第四版)
欧米では食べない 〈欧米では十字架を連想してこれを食べないという(酒井恒 1976)〉『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
地方名・市場名
トラガニ[虎蟹]
参考20211109徳島魚類 場所徳島県徳島市 
キリスト
参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
ベッコウガニ[鼈甲蟹] ゴトウガニ
参考『原色日本大型甲殻類図鑑Ⅱ』(三宅貞祥 保育社) 場所鹿児島県 
シマカゼガニ
参考Fauna Japonica 

概要

生息域

海水生。水深10メートル〜70メートルの砂泥地。
山形県酒田・相模湾以南から九州。[山口県宇部市]。
台湾、東南アジア、インド、アフリカ東岸、オーストラリア沿岸。

生態

基本情報

比較的暖かい海域、国内では主に駿河湾以南で水揚げされるが、比較的珍しい。大形で殻があまり硬くなく、ゆでるとやや赤みが強くなり美しい。とても味のいいカニである。見た目もきれいなのでやや高値で取引されている。

水産基本情報

市場での評価/流通量は少なく、珍しい部類になる。色がきれいで味がいいので高値がつく。
漁法/刺し網
産地/和歌山県、徳島県、高知県など

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的に生きているもの。甲羅などが酸化して黒ずんでいるものは古い。

味わい

旬は不明。
大形である。殻は柔らかく食べやすく、筋肉が詰まっている。みそもおいしい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

シマイシガニの料理法・レシピ・食べ方/塩ゆで
シマイシガニの塩ゆで 1 活けは口から鉄串などを差し込んで即死させてからゆでる。やや強めの塩水をわかしてそこにカニの甲羅を下にして茹で始める。今回の0.56kg、甲幅14cmで15分ゆでた。発色がよく美しいゆで上がりになった。

シマイシガニの塩ゆで 2 今回は雄だったので内子はなかったが、みそが多く、身(筋肉)もたっぷりとれた。身は鉗脚(ハサミ)と甲羅下で食感が違っているなどして非常に美味だ。ワタリガニ類のなかでも屈指の味だと思う。酢の物やグラタン、チャーハンなどに使ってもおいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど