ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アオウオ

学名:Mylopharyngodon piceus (Richardson)

アオウオの形態写真

全長1メートル前後になる。紡錘形で細長く頭部がとがる。各鰭が長く青みをおびた黒色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科ソウギョ亜科アオウオ属
    外国名
    学名
    Mylopharyngodon piceus (Richardson)
    漢字・由来
    漢字 青魚
    由来・語源 中国での「青魚」を日本語的に発音したもの。
    地方名・市場名
    「ちんひー」「黒鯉(くろごい)」。(参考/『日本の淡水魚』山渓カラー名鑑)
    生息域
    淡水魚。中国大陸原産。国内では利根川、霞ヶ浦、北浦
    生態
    6月から7月頃、利根川などの下流域で産卵。主にタニシなどを食べて成長する。
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    洗い/オイル焼き(ムニエル)/みそ汁
    中華料理 煮込み/蒸しもの/中華あんかけ
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/諸岡清志 茨城県稲敷市桜川村古渡 川岸屋 
    料理/諸岡初江
    中国でのことなどは内山書店(東京都千代田区神田神保町1の15)にお世話になりました。感謝いたします
    『山渓カラー名鑑 日本の淡水魚』(山と渓谷社) 『魚紳士録』(木村重 緑書房)
  • 主食材として「アオウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ