ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カワヒガイ

学名:Sarcocheilichthys variegatus variegatus (Temminck and Schlegel,1846)

カワヒガイの形態写真

体長12cm前後になる。追い星の出た雄。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科ヒガイ亜科ヒガイ属
    外国名
    学名
    Sarcocheilichthys variegatus variegatus (Temminck and Schlegel,1846)
    漢字・由来
    漢字 川鰉
    由来・語源 湖沼ではなく河川にいるヒガイの意味。「ひがい」は琵琶湖での呼び名。
    地方名・市場名
    福岡県久留米市田主丸町でイシハヤ。
    生息域
    淡水魚。流れの穏やかな河川、下流とそれにつながる用水路。
    濃尾平野、琵琶湖注入河川、京都盆地、山口県をのぞく山陽地方、九州北西部、長崎県壱岐。
    生態
    産卵期は4月-6月。
    基本情報
    福岡県田主丸では塩焼きなどになるが、売り買いはされていない。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 投網、刺し網
    産地 福岡県など
    選び方
    味わい
    旬は春から初夏。
    鱗は軟らかく取りやすい。骨は軟らかい。
    胆嚢の苦みは少ない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 焼く(塩焼き、素焼き)、煮つけ
    塩焼き●鱗は軟らかく、胆嚢が苦くないので産卵期などはそのまま塩焼き、もしくはじっくり焼いてしょうがじょうゆで食べてかなり美味。
    雌。
    鱗と皮が香ばしくてうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「カワヒガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ