ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ニゴイ

学名:Hemibarbus barbus (Temminck and Schlegel,1846 )

ニゴイの形態写真

体長60センチを超える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科ニゴイ属
    外国名
    学名
    Hemibarbus barbus (Temminck and Schlegel,1846 )
    漢字・由来
    地方名・市場名
    滋賀県高島市今津でミゴイ。
    生息域
    淡水魚。大きな湖沼、河川の中流から下流域、汽水域。
    本州、四国、九州北西部。
    生態
    産卵期は4〜7月。
    河川の中流域で産卵。
    基本情報
    日本各地で食べられているが、流通することはほとんどない。
    味のいい魚として知られており、古くは海水魚の代用品として活躍(?)していたこともある。
    ダムなどによって河川上流域が中流域に近い状況になったり、汚染が進むと増える。
    水産基本情報
    市場での評価 滋賀県など一部の地域で食用とされ、流通する。安い。
    漁法 刺し網
    産地 滋賀県
    選び方
    原則的に生きているものか、非常に鮮度のいいものを選ぶ。鮮度は触って張りのあるもの。目が澄んでいて黒いもの。
    味わい
    旬は冬から春。
    鱗は大きく軟らかく、皮は厚い。
    透明感のある白身で熱を通しても縮まない。身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 洗い
    洗い◆皮を引き、薄くそぎ切り、流水でよく洗う。まったくクセのない味わいで食感がよい。清涼感のある味である。
    ニゴイはここでは「ごちそう」だったという篠塚秀一さん。
    非常に薄いそぎ切りにする。
    流水でよく洗って「ニゴイの洗い」の出来上がり。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    子供の頃、四国徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)では珍しい魚であった。特に支流の貞光川で見かけることは皆無だった。それが現在非常に増えており。川の環境の悪化をまざまざと見せてくれる。
    参考文献・協力
    協力/北総漁協 宮崎米秋さん、篠塚秀一さん、根本豊治さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)
  • 主食材として「ニゴイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ