ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ニゴイ(Skin carp)

Scientific Name | Hemibarbus barbus (Temminck and Schlegel,1846 )

ニゴイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30cmを超える。非常に大型になる。成魚は体側に斑紋などはない。[成魚、琵琶湖産]体長30cmを超える。非常に大型になる。成魚は体側に斑紋などはない。[幼魚、秋田県雄物川産]

ニゴイの形態写真

体長30cmを超える。非常に大型になる。成魚は体側に斑紋などはない。[成魚、琵琶湖産]

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科ニゴイ属
    外国名
    Skin carp
    学名
    Hemibarbus barbus (Temminck and Schlegel,1846 )
    漢字・由来
    漢字/似鯉
    由来・語源/〈琵琶湖沿岸でニゴイ又はミゴイ〉『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    地方名・市場名
    ミゴイ/秋田県横手市雄物川町、滋賀県高島市今
    ■アラメ、アラメゴイ、イス、イダ、ウキガモ、ウキネホ、ウツカモ、カワゴイ、カワザイ、キツネゴイ、キツネダイ、キョウシラズ、コイ、サイ、サイカンボウ、サイゾウ、シコゲ、スイ、セイ、セイタッポ、セイロク、セエ、セータ、セータッポ、セイロク、ソイ、ヒバチゴイ、ヘバチゴイ、ホリコイ、マジカ、ミゴ、ミゴヒ、ミノ、ミノー、ミノゴイ、メゴイ、ヤツミゴ。『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    生息域
    淡水魚。大きな湖沼、河川の中流から下流域、汽水域。
    本州、四国、九州北西部。
    生態
    産卵期は4〜7月。
    河川の中流域で産卵。
    基本情報
    徳島県美馬郡つるぎ町(旧貞光町)貞光川では1970年代になって初めて見られるようになった。吉野川では1970年には珍しい魚であったという。琵琶湖の稚鮎放流で日本各地に広がっていった肴のひとつ。
    日本各地で食べられているが、流通することはほとんどない。
    味のいい魚として知られており、古くは海水魚の代用品として活躍(?)していたこともある。
    ダムなどによって河川上流域が中流域に近い状況になったり、河川の状況の悪化・汚染が進むと増える。
    水産基本情報
    市場での評価 滋賀県など一部の地域で食用とされ、流通する。安い。
    漁法 刺し網
    産地 滋賀県
    選び方
    原則的に生きているものか、非常に鮮度のいいものを選ぶ。鮮度は触って張りのあるもの。目が澄んでいて黒いもの。
    味わい
    旬は冬から春。
    原則的に生きているものを料理する。
    鱗は大きく軟らかく、皮は厚い。
    透明感のある白身で熱を通しても縮まない。身離れがいい。
    ●寄生虫などの危険があるので、食べる場合には自己責任で
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(洗い)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)
    好んで食べる地域・名物料理
    ざっこ蒸し
    ざっこ蒸し 使う「ざっこ」は「だいとうあ(オイカワ)、「くき(ウグイ、エゾウグイも含むと思われる)、アブラハヤ(あぶらべ)、モツゴ、タモロコ、「ニゴイ(みごい)」、フナ(ギンブナ)、コイ。
     生きている「ざっこ」は流水で水洗いする。これを鍋に入れて塩を加える。少しかき混ぜて塩を行き渡らせる。
    フタをして火にかけて10分ほど蒸し煮にする。これを「塩蒸し」という。
    10分経ったら鍋に溜まった水分を捨てる。フタをして空だきして水分を出し、出て来た水分を捨てる。これを3回ほど繰り返す。
    平たい場所にスダレなどを敷き、塩蒸しされた「ざっこ」を広げて扇風機で水分を飛ばす。
    「ざっこ蒸し」はほどよい塩加減で思った以上に食べやすく、ほろ苦さが酒に合う。[秋田県横手市雄物川町]
    ざっこの貝焼き
    ざっこの貝焼き(ざっこのかやき) 「ざっこ」は流水で洗う。鍋に水を入れてみそしゃもじなどで入れる。このまま火をつける。このとんとみそを入れて火をつけることを「落としみそ」という。湧き上がってきたら味見。ここに生きている「ざっこ」を入れてふたをして煮る。仕上げに酒を入れる。豆腐やねぎを入れてもいい。「ざっこ」をみそで煮ただけなのにうま味のある汁になり、「ざっこ」もわたがほろ苦くておいしい。「ざっこ」は「だいとうあ(オイカワ)、「くき(ウグイ、エゾウグイも含むと思われる)、アブラハヤ(あぶらべ)、モツゴ、タモロコ、「ニゴイ(みごい)」、フナ(ギンブナ)、コイ。


    ニゴイの洗いを作るニゴイの洗いを作る 利根川での刺し網漁で揚がる。生きているニゴイの尾の部分に目釘を打つ。三枚に下ろして皮を引く。調理は北総漁協の篠塚秀一さん。[北総漁協 千葉県香取市小見川町]
    ニゴイの洗いを作るニゴイの洗いを作る 身を流水でよく洗い、鱗や血液などを流す。これを尾の方から薄くそぎ切りにしていく。[北総漁協 千葉県香取市小見川町]
    ニゴイの洗いを作るニゴイの洗いを作る 冷たい流水で洗う。食感がとても心地よく。噛みしめるとうま味が浮き上がってきて後味がいい。酢みそやわさびしょうゆで食べる。[北総漁協 千葉県香取市小見川町]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■子供の頃、四国徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)では珍しい魚であった。特に支流の貞光川で見かけることは皆無だった。それが現在非常に増えており。川の環境の悪化をまざまざと見せてくれる。
    ヒラメの代用品 千葉県小見川町(現香取市)では海辺の町にヒラメの代用品として出荷していた。
    参考文献・協力
    協力/宮崎米秋さん、篠塚秀一さん、根本豊治さん(北総漁協 千葉県香取市小見川町)、佐藤正彦さん(秋田県横手市雄物川町)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、『徳島県魚貝図鑑』(徳島淡水魚研究会 徳島新聞社 1987)
  • 主食材として「ニゴイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ