リュウテン

代表的な呼び名リュウテンサザエ

リュウテンの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
8.5cm SH 前後になる。螺層はよくふくらみ全体に丸みがある。内唇は黄色。赤褐色の地に濃い褐色の帯がある。
8.5cm SH 前後になる。螺層はよくふくらみ全体に丸みがある。内唇は黄色。赤褐色の地に濃い褐色の帯がある。
8.5cm SH 前後になる。螺層はよくふくらみ全体に丸みがある。内唇は黄色。赤褐色の地に濃い褐色の帯がある。
8.5cm SH 前後になる。螺層はよくふくらみ全体に丸みがある。内唇は黄色。赤褐色の地に濃い褐色の帯がある。
8.5cm SH 前後になる。螺層はよくふくらみ全体に丸みがある。内唇は黄色。赤褐色の地に濃い褐色の帯がある。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目サザエ科(リュウテンサザエ科)リュウテン亜科リュウテン属リュウテン亜属
外国名
Tapestry turban
学名
Turbo (Turbo) petholatus Linnaeus, 1758
漢字・学名由来
漢字/龍天(栄螺) Ryuten
由来・語源/『六百介品』より。周辺の模様が天に昇る龍のようだからか。
Linnaeus
Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
六百介品
江戸時代に作られた彩色図譜。600種ほどの貝類を漢名、和名で紹介したもの。著者不明。
地方名・市場名
ハテルマガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 『物類称呼』(越谷吾山著 安永4/1775 解説/杉本つとむ 八坂書房 1976) 場所沖縄県八重山 
ヤンクサミ ヤンクスミ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 『物類称呼』(越谷吾山著 安永4/1775 解説/杉本つとむ 八坂書房 1976) 場所鹿児島県与論島 
カイタマ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 『物類称呼』(越谷吾山著 安永4/1775 解説/杉本つとむ 八坂書房 1976) 場所鹿児島県大島郡和泊町 
チョウチンミナ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 『物類称呼』(越谷吾山著 安永4/1775 解説/杉本つとむ 八坂書房 1976) 場所鹿児島県種子島 

概要

生息域

海水生。潮間帯〜水深40m。
屋久島・種子島以南。
熱帯太平洋、インド洋。

生態

基本情報

主に屋久島以南、熱帯域に生息するもので、国内では食用ではなく、収集の対象である。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど