ヤコウガイ

ヤコウガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
非常に大型になり、殻経20cm、2kg前後にもなる。貝殻は厚く、硬い。殻口は広く、蓋は陶器状で厚みがある。
非常に大型になり、殻経20cm、2kg前後にもなる。貝殻は厚く、硬い。殻口は広く、蓋は陶器状で厚みがある。
非常に大型になり、殻経20cm、2kg前後にもなる。貝殻は厚く、硬い。殻口は広く、蓋は陶器状で厚みがある。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目サザエ科(リュウテンサザエ科)リュウテン亜科リュウテン属
外国名
Great Green Turban
学名
Turbo marmoratus Linnaeus, 1758
漢字・学名由来
漢字 夜光貝、屋久貝
由来・語源 『六百介品』より。漢字は「夜光」だが、暗闇で蛍光することはなく、屋久島でとれる貝で「屋久貝(やくがい)」が転訛したともされる。また屋久島からの献上品であったので「屋久貝(やくがい)」と呼ばれていたのが「夜光貝」になった。
「やこうのかい」。「夜久貝(やくがい)」「屋久(夜久)の貝」の転訛。
「大隅國ノ屋久島にに産ズル錦貝」。『大言海』(大槻文彦 冨山房)
屋久島から献上されたのでヤクガイという。
Linnaeus
Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
地方名・市場名
ヤクゲー
場所沖縄県 
ヤクガイ ヤクノマダラガイ
備考別名。 参考『大言海』(大槻文彦 冨山房) 
ホンサザエ ヤク ヤクグ ヤクゲ ヤクゲー ヤクンガイ ヤッコゲ ヤフンガイ
参考文献より。 

概要

生息域

海水生。鹿児島県種子島以南の熱帯。インド・西太平洋域。

生態

基本情報

鹿児島県、沖縄県が産地で、よく食べる。食用貝として、また装飾(螺鈿細工や貝ボタン)などの材料として熱帯域では重要である。
ヤコウガイを使った螺鈿細工が東大寺正倉院に残るなど、国内の工芸に欠かすことが出来ない。

水産基本情報

市場での評価 熱帯、亜熱帯などで流通するもの。関東にも少ないながら入荷を見る。値段は関東では高値となる。
漁法 採取
主な産地 沖縄県、鹿児島県
流通形態 市場では、ごろんとして置かれている感じがする。1個で1キロ以上もある。

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は不明。
貝殻は非常に厚みがあり、硬く堅牢。ハンマーなどでも割るのは大変。ふたさえ取り、少し奥の貝殻と筋肉のついている部分を切り離すと簡単に出る。
足の部分はやや硬く、熱と通すと非常に硬く締まる。ワタは甘味がありうまい。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ヤコウガイの料理法・レシピ・食べ方/生食(刺身)、ゆでる・熱を通す(ガリシア風)、ソテー(バター焼き)
ヤコウガイの刺身 本種の基本的な食べ方は生食である。足の部分は薄く切り、ワタはゆでて添える。足はサザエほど磯の香りが強くないのが残念に思えるが、うま味豊かで食感もよく美味。ワタは甘くうま味豊か。

ヤコウガイのバター焼き ヤコウガイの切り身、ワタを熱したバターをからめるようにソテーした。味つけは塩コショウのみ。この単純な料理法がヤコウガイが持つうま味や甘味を引き出す。
ヤコウガイのガリシア風 ヤコウガイを薄切りする。ワタはゆでる。これを合わせて器に入れて電子レンジで1分加熱。上からニンニクを混ぜたオリーブオイルをかけてカイエンヌペッパーをふり出来上がり。

好んで食べる地域・名物料理

沖縄。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど


螺鈿・装飾 古代から螺鈿、貝細工などに使われた。正倉院御物にもヤコウガイを使った螺鈿・工芸品がある。