パナマミノエビ

代表的な呼び名紅ぼたん

パナマミノエビの生物写真

100ミリ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目タラバエビ科ミノエビ属
外国名
学名
Heterocarpus hostilis Faxon,1893
漢字・学名由来
海外のエビなので除外する。
ミノエビの漢字は「蓑海老」もしくは「蓑蝦」。
地方名・市場名
ベニボタン[紅ぼたん]
場所商品名、 

概要 ▽

生息域

海水生。パナマ湾から南米に広く分布している模様。

生態

基本情報

輸入量は少なくない、ときどきスーパーなどでみかける。
ミノエビ科について
国内でとれるのはアカモンミノエビ、ミノエビ。海外からは紅ボタン、マルゴシミノエビがあがって食用となる。

水産基本情報

市場での評価 エクアドルから冷凍輸入されてくる。値段は安い。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明
冷凍輸入されているもの。
殻は柔らかい。
ホッコクアカエビなどと比べると水分は少なく、食感がやや強い。
いいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法
刺身、みそ汁、塩焼き
刺身の味わいは上々、うまい。
みそ汁にしてもいい出汁が出る。
天ぷらにしてもいい。唐揚げなどは頭部が硬いのでちょっと大変。
茹でてサラダにするとうまい。
下ゆでして鍋に使うのもいい。
またミノエビにしては歩留まりよい。
紅ぼたんのむき身
殻を剥いた身の方も紅が強い(赤い)。これをきれいだと感じるか、むしろ不気味だととるか賛否両論。ただし味はとてもいい

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

同定と本種の情報/駒井智幸(千葉県立中央博物館)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる