ミノエビ

ミノエビの生物写真

体長10センチほどになる。頭が大きく、胴が短い。胴の部分の殻が蓑をかぶったように見える。身体にははっきりした紋がない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目タラバエビ科ミノエビ属
外国名
学名
Heterocarpus hayashii Crosnier, 1988
漢字・学名由来
漢字 蓑蝦、蓑海老。
由来・語源 蓑(みの カヤ、スゲなどで作った雨具)を着たような形に見えるから、だと思われる。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。千葉県から鹿児島県沖。水深300〜500メートルに棲息。

生態

基本情報

ミノエビ属総論
ミノエビの仲間は世界中の深海に生息し、何種類かは漁業的にも重要なものになると期待されている。
世界各地で食用となっているのだが、国産ではミノエビ、アカモンミノエビの2種。
輸入ものではマルゴシミノエビ、エクアドルミノエビなど。

本州から九州の太平洋側深海に生息するエビ。
太平洋側の底曳き網のある地域周辺で食べられている。
非常に味のいいエビだが漁獲量が少ないのが残念。

水産基本情報

市場での評価 あまり流通しない。希に入荷しても比較的安い。
漁法 底曳き網
産地 静岡県、愛知県、三重県、宮崎県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤味の強いもの。白いものは古い。

味わい

旬は不明。
年間を通じて味がいい。
殻が硬く、身はやや水ぽい。
いいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法 刺身、塩焼き、汁、煮干し
刺身で食べるのが一般的。
甘みが強く美味。
他には塩焼き、汁にも。
煮干し/ゆでて干したもの。だしには甘みがあり、だしを取った後のえび自体も食べることができる。
ミノエビの刺身刺身
ミノエビの塩焼き塩焼き

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
協力/沼津市飯塚栄一


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる