マダラ属

タラ科について


 世界中に13属(Genus13)。
 国内にはコマイ属 Eleginus Fischer, 1813、マダラ属 Gadus Linnaeus, 1758、スケトウダラ/スケソウダラ属 Theragra Lucas in Jordan & Evermann, 1898 の3属3種。
 すべて国内では重要な食用種。

マダラ属について


日本だけではなくヨーロッパ、アメリカ、カナダなど北半球でもっとも重要な魚がマダラ属の魚である。イギリスとアイスランドでタイセイヨウマダラ(Atlantic cod/Gadus morhua Linnaeus, 1758)の漁業権をあらそって戦争まで起こしている。当然、我が国においても重要性はかわらない。特に乾物となって日本の津々浦々にまで行き渡り、山間部での重要なタンパク源となり、寒い時期には鍋物材料としてもなくてはならないものだ。
Gadus macrocephalus Tilesius, 1810/マダラ
Gadus morhua Linnaeus, 1758/タイセイヨウマダラ

マダラ属に属する仲間一覧


通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる