マダラ属

Genus Gadus Linnaeus, 1758

タラ科について


世界中に13属(Genus13)。
Enchelyopus Bloch & Schneider, 1801 ヤマトヒゲダラ属/Enchelyopus cimbrius (Linnaeus, 1766) /ヤマトヒゲダラをタラ科に含める説もある。
Genus Arctogadus Dryagin, 1932
Genus Boreogadus Günther, 1862
Genus Eleginus Fischer, 1813/コマイ属
Genus Gadiculus Guichenot, 1850
Genus Gadus Linnaeus, 1758/マダラ属
Genus Melanogrammus Gill, 1862
Genus Merlangius Garsault, 1764
Genus Microgadus Gill, 1865
Genus Micromesistius Gill, 1863
Genus Pollachius Nilsson, 1832
Genus Raniceps Oken, 1817
Genus Theragra Lucas in Jordan & Evermann, 1898/スケソウダラ属
Genus Trisopterus Rafinesque, 1814

マダラ属について


日本だけではなくヨーロッパ、アメリカ、カナダなど北半球でもっとも重要な魚がマダラ属の魚である。イギリスとアイスランドでタイセイヨウマダラ(Atlantic cod/Gadus morhua Linnaeus, 1758)の漁業権をあらそって戦争まで起こしている。当然、我が国においても重要性はかわらない。特に乾物となって日本の津々浦々にまで行き渡り、山間部での重要なタンパク源となり、寒い時期には鍋物材料としてもなくてはならないものだ。
Gadus macrocephalus Tilesius, 1810/マダラ
Gadus morhua Linnaeus, 1758/タイセイヨウマダラ

マダラ属に属する仲間一覧




呼び名検索

方言を含む全ての名(標準和名,方言,呼び名,外国名,学名)から水産物を検索します。

閉じる