ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ニジハタ(Darkfin hind)

学名:Cephalopholis urodeta (Forster,1801)

ニジハタの形態写真

体長25センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ユカタハタ属
    外国名
    Darkfin hind
    学名
    Cephalopholis urodeta (Forster,1801)
    漢字・由来
    漢字 虹羽太
    由来・語源 田中茂穂の命名ではないかと思われる。生きているとき体色変化があり、これを七色の虹に例えたのだと想像する。
    地方名・市場名
    アカミイバイ、アカワタミーバイ。
    生息域
    海水魚。水深1〜60mのサンゴ礁。
    伊豆諸島、小笠原諸島、硫黄島、南硫黄島、(宮崎県日南市油津)、屋久島、琉球列島。香港、台湾南部、インド〜太平洋。
    生態
    基本情報
    東京の小笠原諸島、鹿児島諸島部、沖縄などに多いハタ。
    小型なので廉価で、「魚汁」や「まーす煮」などに使われている。
    水産基本情報
    市場での評価 小型のハタで小笠原や沖縄では普通。比較的安い。
    漁法 釣り
    産地 東京都、鹿児島県、沖縄県
    選び方
    赤いもの。身に張りのあるもの。目が澄んでいて鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は不明。年間を通じて味がいい。
    鱗は細かく取りにくい。皮は厚みがあり硬い。
    透明感のある白身でやや水っぽい。
    熱を通すと適度に締まり、身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 汁(みそ汁、潮汁)、煮る(煮つけ、まーす煮)、刺身
    汁◆みそ汁、潮汁、鍋など液体を使った料理がうまい。無駄なく食べられてうま味のある汁が楽しめる。
    煮る◆しょうゆ味で煮ると味はいいものの、本種の白身としての味が消えてしまう。塩味で煮る、まーす煮の方が持ち味が生きる。
    刺身◆透明感がある白身だがうま味に欠ける。
    ニジハタの魚汁ぶつ切りにして水から煮出してみそを溶いただけ、沖縄の郷土料理「魚汁」はご飯に合う。
    やや強めの塩味で短時間で煮上げたもの。あっさりとした中に本種ならではの持ち味が生きる。
    ニジハタの刺身刺身は見た目にはキレイだが、あまり味がない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ニジハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ