ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シロブチハタ(Whitemottled grouper 中国語/花点石斑魚)

学名:Epinephelus maculatus (Bloch,1790)

シロブチハタの形態写真

体長50センチ前後になる。紡錘形で体表に濃い褐色の斑があり、後半は白く縁どられ、網目状になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
    外国名
    Whitemottled grouper 中国語/花点石斑魚
    学名
    Epinephelus maculatus (Bloch,1790)
    漢字・由来
    漢字 白縁羽太
    由来・語源 体側後部に褐色の斑があり、その周りが白く縁取られて、網目状になるため。
    「はた」について◆
    ■ 「漢字「羽太」は音からの当て字。
    ■ 「はた」とは「鰭(はた)」もしくは魚自体をさす。
    ■ 「はた」とは「斑(はだら)」であり、「斑紋のある魚の意味」。
    ■ 「はた」とは東京周辺での呼び名。
    ■ ハタ類の一部を九州では「アラ」。
    ■ ハタ類を大阪、和歌山などで「マス」。
    地方名・市場名
    沖縄でハヤーミーバイ。
    生息域
    海水魚。南日本。中・西部太平洋、東部インド洋。
    サンゴ礁の浅場。
    生態
    基本情報
    熱帯性の小型のハタ。
    本州で揚がることは少ないと思われる。
    小型なので高価なハタ類のなかではあまり高価ではない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    旬は初夏。年間を通して味がいい。
    鱗は小さくて硬い。皮も厚くしっかりしている。
    白身で適度に繊維質で上質。脂は身全体に入り込んでいる。
    アラや皮、身自体からもいいだしがでる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(みそ汁、鍋、潮汁)、刺身
    沖縄風にみそ汁、ちり、潮汁にして非常に美味。
    刺身 透明感があり、上品な味わい。ほどよい甘みがある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ◆食べてみる◆
    白身で適度に繊維質で上質。
    刺身は非常に美味。脂のうまさよりも、適度な食感と旨味が楽しめる。
    いちばんうまいのは汁もの。鍋物にしても当然うまい。ハタの鍋物は、非常にうまいのだが、本種も同様に使える。
    オリーブオイルなど油を使ってこんがり焼くというのもおすすめ。ムニエル、ポワレなどにも向いている。
    白身なので蒸しても味がいい。
    ◆名物料理・郷土料理◆
    調べているところ。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「シロブチハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ