ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオスジハタ(Laterally-banded grouper)

学名:Epinephelus latifasciatus (Temminck and Schlegel)

オオスジハタの形態写真

体長1.5メートル前後になる超大型種。小型のものには黒褐色、やや薄い部分、黒褐色の縦に走る帯があり。黒い條(すじ)が明瞭に走る。大きくなるに従い帯は消え、筋は破線上(リーダー罫、……)になる。もっと大きくなると模様筋は消える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
    外国名
    Laterally-banded grouper
    学名
    Epinephelus latifasciatus (Temminck and Schlegel)
    漢字・由来
    漢字 大條羽太
    由来・語源 田中茂穂(1878—1974 魚類学者)が若い個体を見て命名したもの。若魚のときに幅の広い縦縞があるため。大きくなると消えて黒い小さなドット状の縦縞になる。縞が目立たなくなる。
    地方名・市場名
    鹿児島県でシマアラ。
    イギス、スジアラ、モウオ。
    生息域
    生息域。南日本。インド・西太平洋域。
    沿岸の浅場、深場の岩礁域。
    生態
    基本情報
    ハタ科でもっとも大型になり、やや珍しい。
    量が少なく非常に高価なので料理店などで希に使われるもの。
    一般にはまったく知られていない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には小振りのもの(1メートル以下)が入荷してくる。ハタ科なので非常に高価。
    漁法 釣り
    主な産地 鹿児島県
    選び方
    触って硬いもので、退色していない黒いもの。目が澄んでいるもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は秋から冬。
    大きいほど味がいい。
    鱗は硬く、すき引きする。骨が硬い。
    透明感のある白身で鮮度がいいとしまって硬い。
    熱を通しても硬くなるが、ほどよく繊維質なのでいい具合にほぐれる。
    皮周辺はゼラチン質で、濃厚な旨みがある。
    いいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 汁もの(鍋、潮汁、みそ汁、ブイヤベース、トマトスープ)、刺身、煮つけ、塩焼き、湯引き、煮つけ、オイル焼き(ムニエル)、唐揚げ
    湯引き◆皮がゼラチン質でゆでて、ここに甘みがある。肝、胃袋なども添えたい。また肝醤油もおすすめ。
    オイル焼き◆油でじっくりと焼いて、香ばしく、美味。



    オオスジハタの鍋汁◆一般的に鍋などにする。潮汁、みそ汁などもうまい。骨、皮、身自体からも非常にいいだしが出る。身は締まってうま味が充実している。
    オオスジハタの刺身刺身◆大きいものの方がいい。白身なのにうま味があり、寒い時期には脂がのっている。ほどよい食感があり、非常にうまい。
    オオスジハタの煮つけ煮つけ◆主にあらで作る。腸、肝なども使いたい。身自体に甘みがあり、ほどよく繊維質で口の中で適度にほぐれて、甘い。いいだしが出るので煮汁にからめて食べたい。肝のうまさは筆舌に尽くしがたい。
    オオスジハタの塩焼き塩焼き◆焼いてもぱさつかず、しっとりとして身質のよさから、適度に舌の上でほぐれる。甘みがあり、ジューシーで美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「オオスジハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ