ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

コモンハタ(Black-spotted grouper)

学名:Epinephelus epistictus (Temminck & Schlegel,1842)

コモンハタの形態写真

体長70センチ前後になる。主鰓蓋骨の後ろに黒い胡麻状の斑紋が散らばるが、頭部にはほとんどない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属
    外国名
    Black-spotted grouper
    学名
    Epinephelus epistictus (Temminck & Schlegel,1842)
    漢字・由来
    漢字 小紋羽太
    由来・語源 田中茂穂の命名。体側の上部に褐色の小さな斑紋があるため。
    地方名・市場名
    イギス、クエ、セモン、ネバリ、ホシモウオ、メバリ。
    生息域
    海水魚。水深43-290mの岩礁域、砂泥地。
    九州北岸・西岸、小笠原諸島、相模湾〜九州南岸の太平洋岸、少ないが若狭湾〜山口県の日本海沿岸、東シナ海大陸棚域。朝鮮半島南岸、海南島、南沙諸島、インド-西太平洋。
    生態
    基本情報
    少ないながら関東にも入荷して、料理店などで使われている魚。
    他のハタと同様に高価である。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は希。高級。
    漁法 釣り
    産地 長崎県、鹿児島県
    選び方
    触って張りのあるもの。色の濃い退色していないもの。目が澄んで鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は秋から初夏にかけて。
    鱗は細かく取りにくい。
    透明感のある白身。
    あら、骨などからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(鍋、みそ汁ほか)、刺身、唐揚げ
    沖縄風にみそ汁にして非常に美味。湯通しして、冷水に落として、水分をよく拭き取る。これを鍋に水と入れてうま味を煮だしていく。アクをよくすくい取るのがコツ。煮上がったらみそをとき入れて出来上がり。フーチバー(ヨモギ)、小松菜などが合う。鍋材料にしても絶品。
    刺身 非常に上品で淡い味。徐々にうま味が浮き上がってくる。この時間差がいい。ハタ類の生の味はじっくり楽しむに限る。
    唐揚げ あらなどの唐揚げは非常に美味。頭部の皮などが実にうまい。

    内臓やあらなどをしょうゆ仕立ての汁にしてみた。実に濃厚なだしが出てうまい。
    コモンハタの刺身刺身
    非常に上品で淡い味。徐々にうま味が浮き上がってくる。この時間差がいい。ハタ類の生の味はじっくり楽しむに限る。
    コモンハタの唐揚げ唐揚げ
    あらなどの唐揚げは非常に美味。頭部の皮などが実にうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「コモンハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ