ホンビノスガイ

ホンビノスガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
SL 10cm前後になる。貝殻はよくふくらみ硬く、厚い。灰白色で放射肋が目立つ。
SL 10cm前後になる。貝殻はよくふくらみ硬く、厚い。灰白色で放射肋が目立つ。[東京湾三番瀬]
SL 10cm前後になる。貝殻はよくふくらみ硬く、厚い。灰白色で放射肋が目立つ。[台湾高雄]
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は普通)
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超科マルスダレガイ科ビノスガイ属
外国名
Cherry stone clam, Hard-shell clam
学名
Mercenaria mercenaria (Linnaeus, 1758)
漢字・学名由来

漢字 本美之主貝、本美乃洲貝
由来・語源 1964年鹿間時夫の命名。Venus属であったために、ビーナス貝で「びのす」だが、最初は1909年に平瀬與一郎が国内産の「Venus属」に和名「ビノスガイ」と先につけたため、移入種である本種に「本」をつけた。

地方名・市場名
シロハマグリ[白はまぐり]
備考一時期「シロハマグリ(白はまぐり)」として出荷されたことがある。 

概要

生息域

海水生。アメリカ大西洋側が原産。東京湾などで繁殖している。
非常に汚染に強い 都内京浜運河の砂地で撮影したもの。アサリとホンビノスが半々といった比率。

生態

基本情報

北アメリカ東岸では重要な食用二枚貝。クラムチャウダーにしたり、生食に饗することもある。
これが1990年代に東京湾船橋から北に移入。アサリが激減した内房で多産するようになっている。
千葉県船橋などで漁獲を始め2000年代になって国内で出回り始めたもの。プライドフィッシュというのはいかがわしい不思議な区分だが、千葉県のプライドフィッシュになっている。ただアサリと比べると商品価値は救い。
国内ではできる限り、別の場所への移入をしない方がいい。移動などに気を配るべきだ。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場には毎日のように入荷している。近畿など西日本にも流通しており、全国的に取り扱われるように。価格は低い。
漁法 じょれん曳
主な産地 千葉県

選び方・食べ方・その他

選び方

原則的には生きているもの。

味わい

旬は不明
貝殻が厚く著しく歩留まりが悪い。剥き身にするのも難しい。
旨みは少ない。熱を通すととても硬くなる。
歩留まり貝全体 貝殻を含めた中型のホンビノスガイ。181グラム
歩留まり軟体 剥き身は35グラムで歩留まりは20パーセント前後。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ホンビノスガイの料理法・調理法・食べ方/スープ、汁(みそ汁、すまし汁)、カルパッチョ、ゆでる(塩ゆで、湯引き)、煮る
ホンビノスガイの焼き貝 面倒だが貝剥きで片側の貝殻を取る。このとき砂をかんでいたらよく流す。これをやや強火で焼き上げる。ゆっくり火を通すと硬くなる。貝らしいおいしさが豊かで、非常に美味。

ホンビノスガイのスープ アメリカの具だくさん料理、クラムチャウダーにすると非常に美味。生クリーム、牛乳、トマト味があり、タマネギ、ジャガイモなどを加えて具だくさんにする。スープと言うよりも食事といったもの。トマトを使ったマンハッタン風もうまい。
みそ汁 剥き身にして刻んでみそ汁に。身は熱湯に入れてもいいし、水から入れてもいい。熱湯に入れると汁の旨みは少ないが、身自体は縮まず旨みがある。水から入れると汁に旨みがあるものの身は縮みやや硬くなる。

好んで食べる地域・名物料理

アメリカ東海岸

加工品・名産品

佃煮 うま味のある貝で、佃煮にしても非常に美味。国産材料としいぇ活用するといい。[遠忠食品 東京都中央区]

釣り情報

歴史・ことわざなど

■ 千葉県立博物館黒住耐二、岡本正豊(敬称略)による報告に1990年代中ごろに東京湾奥で稚貝が発見されたと書かれる。
■ 東京湾船橋沖三番瀬では大量に水揚げされている。
■ 汚染にも強くアサリとともに湾奥、東京湾京浜運河でも見ることができる。
■ 北米では重要な食用貝であるとされ、奥谷喬司にニューヨークの屋台で本種を生でレモンをしぼり食べたと記されている。