ビノスガイ

ビノスガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
殻長10センチ前後になる。貝殻は厚く、貝殻はほんの少し赤味を帯びた灰色。貝殻の表面にざらざらした輪肋がある。
殻長10センチ前後になる。貝殻は厚く、貝殻はほんの少し赤味を帯びた灰色。貝殻の表面にざらざらした輪肋がある。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超科マルスダレガイ科カノコアサリ亜科ビノスガイ属
外国名
英名/Stimpson's hard clam
学名
Mercenaria stimpsoni (Gould,1861)
漢字・学名由来

漢字 美之主貝。
由来・語源 平瀬與一郎の命名。古くはVenus属であったために、ビーナス貝と呼ばれた。「Venus」はギリシャ神話の愛と美の女神・ビーナスのこと。

Stimpson
William Stimpson(ウイリアム・スティンプソン 1832-1872 アメリカ)。動物分類学・海洋生物学。スナガニ、ババガゼ、サルエビなど。「stimpsoni 」は献名されたもの。
地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

海水生。東北以北。
水深5メートル〜30メートルの砂地。

生態

基本情報

福島県〜北海道の太平洋側でホッキガイ漁(ウバガイ漁)のときに混ざる。
貝殻が厚く、熱を通すと硬くなるので人気がない。
ぴりぴりした刺激や渋味がある固体があるので安い。

水産基本情報

市場での評価 関東などには希に入荷してくる。大きく立派だが、味が今イチであるので安い。
漁法 貝桁網漁
産地 北海道、福島県
入荷状況 必ずエゾヌノメアサリとともに入荷してくる。北海道登別産。

選び方・食べ方・その他

選び方

貝殻の表面に微かながらも滑りのあるもの。貝殻がしっかり閉じているもの。

味わい

旬は不明
貝殻が分厚く、非常に歩留まりが悪い。
旨みは少なく、熱を通すと硬くなる。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ビノスガイの料理法・調理法・食べ方/焼く(貝焼き)、ソテー(オリーブオイル焼)、煮る(しょうゆ煮)、生食(湯引き)
ビノスガイ焼き(焼貝) ウチムラサキのように強火で焼くのがいい。可食部が硬く、あまり旨みが強くないが酒や醤油で味付けすることでおぎなえる。問題は硬さと独特の刺激のある味。


ビノスガイのオイル焼 剥き身にして水分をよくきる。塩コショウしてオリーブオイルと白ワインでマリネ。これをソテーしてみた。オイルで熱を通すことであまり硬くならない。
ビノスガイの煮つけ 剥き身にして湯引きする。これを酒・みりん・しょうゆ・水を合わせて少し煮つめた地で短時間煮る。まずくはないが貝自体の味は少ない。
ビノスガイの湯引き 剥き身にして足の部分を開き、湯引きして氷水に取る。水分をよくきる。食感はいいものの、貝らしい風味に欠ける。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

カラマキ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道余市 
タバコガイ[煙草貝]
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道函館 
タボコガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道奥尻 
ビノシガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道後志地方(現小樽市忍路) 
カラガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道枝幸 
オオスダレハマグリ
場所書籍原色貝圖1930 
ソバガイ
参考荷 場所福島県相馬市原釜 
ソバモヂ ソバモチゲィ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所青森県八戸 
マサソバモチ
参考文献