ネンブツダイ

ネンブツダイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
11cm SL 前後になる。尾柄部に黒く丸い斑紋がある。頭部目を貫通する縦筋と背の部分に短い筋があるものの黒い斑紋はない。
11cm SL 前後になる。尾柄部に黒く丸い斑紋がある。頭部目を貫通する縦筋と背の部分に短い筋があるものの黒い斑紋はない。
尾柄部(尾鰭のつけ根)に黒い斑紋がある。
鰓蓋骨の後方は黄金色を帯びている。目から後方にかけて2本の筋が走る。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目テンジクダイ科スジイシモチ属
外国名
Half-lined cardinal
学名
Ostorhinchus semilineatus (Temminck and Schlegel, 1843)
漢字・学名由来

漢字/念仏鯛 Nenbutudai
由来・語源/
■雄が卵を口にくわえて守り、孵化させる。卵を加えている様が念仏を唱えているようであるため。
■〈水面を群泳しながら、ブツブツつぶやくような音をたてる。その様子が仏教徒集まって、念仏講をしているのに煮ている、ということから「念仏鯛」とよばれる。〉『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)
テンジクダイ属で、Apogon semilineatus Temminck and Schlegel, 1843 であったことがある。

Temminck
コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
Schlegel
ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
地方名・市場名

概要

生息域

海水魚。内湾の水深3-100mの岩礁域に群れを作る。
青森県北金ヶ沢(西津軽郡)、山形県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、宮城県唐桑湾・万石浦、茨城県久慈川河口沖、千葉県館山湾〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、慶良間諸島、宮古島。
朝鮮半島南岸、済州島、台湾東北部・南部、浙江省・広東省・江西省、南沙諸島、フィリピン諸島、グアム島、インドネシア、オーストラリア北西岸。

生態

産卵期は7〜8月。
雄は口のなかで卵(卵塊)を保護、保育、孵化させる。

基本情報

定置網などでまとまってとれる。地域によっては利用されているが、廃棄されることの方が多い。
四国などでは煮干しに加工、和歌山県雑賀崎などでは独特の料理法で食べられている。
浅い海域に普通に見られる魚で非常にローカルな水産物のひとつ。

水産基本情報

市場での評価 流通しない。
漁法 定置網
産地
定置網などに混ざる 定置網などに混ざり、小さすぎる魚や稚魚などとともに廃棄されることが多い。四国など利用する地域は非常に希。

選び方・食べ方・その他

選び方

黄金色と赤みの強いもので目が澄んでいる。

味わい

旬は春から夏
鱗は軟らかく取りやすい。骨は軟らかい。頭部に耳石がある。
透明感のある白身で水分が多く軟らかい。
ネンブツダイを下ろす 包丁はいらない。頭部を手でちぎり、鱗は指でこそげ取る。背鰭、尻鰭などは手で摘まみ取る。尾鰭だけは包丁で切り取る。唐揚げのときには、頭部はそのまま鰓をつまんで内臓とともに引き取る。鰭もそのままでいい。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ネンブツダイの料理法・調理法・食べ方/揚げる(たたき揚げ、唐揚げ)、汁(みそ汁、すまし汁)、生食(たたきなます、みそたたき)
ネンブツダイのたたき揚げ 鱗、鰭と頭部を切り取り包丁で細かくたたき、すり鉢でする。みそ、塩、酒などで味つけして揚げたもの。要するにネンブツダイの天ぷら(薩摩揚げ、つけ揚げ)だが、実にうま味豊かでおいしい。


ネンブツダイの唐揚げ
もっともよく作られていると思われるのが唐揚げ。内臓だけ取り、唐揚げに。軟らかくて香ばしい。
ネンブツダイのたたきなます 頭と内臓、鱗、鰭を手で摘まみ取る。尾鰭だけは包丁で切り取る。これを細かく包丁でたたく。中骨があたるので徹底的にたたく。これにねぎ、玉ねぎ、みょうがなどを混ぜ込む。しょうゆをつけて食べるのだけど、皮目に独特の風味があってうまい。
ネンブツダイのみそたたき(なめろう) 頭と内臓、鱗、鰭を手で摘まみ取る。尾鰭だけは包丁で切り取る。これを細かく包丁でたたく。中骨があたるので徹底的にたたく。これにねぎ、玉ねぎ、みょうが、みそを加えて再度たたく。「たたきなます」よりもまろやかな味わい。

好んで食べる地域・名物料理


赤じゃこのだんご汁 すり身にしてだんごにしてカツオ節だし(昆布だしでも)の中に落としていく。これにしょうゆ、酒などで味つけする。身をたたいて、これを水から煮てだしをとり、みそ汁、潮汁などにしても美味しい。[静岡県、徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島]
赤じゃこだしの素麺 「赤じゃこ」はネンブツダイの煮干し。これを昆布と一緒に水から煮てだしを取る。このだしにみりん、塩、うすくちしょうゆで味つけして、つゆを作る。このつゆでゆでた素麺かうどんを食べる。[徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島、高知県宿毛市]
赤じゃこだしのところてん カツオ節だしをとり、最後に「赤じゃこ煮干し」を加えて一煮立ちさせる。これに塩、しょうゆ、酒、みりんなどで味つけしてつゆを作る。ところてんをこのつゆで食べる。薬味はゆずかすだちの皮と果汁。[徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島、高知県中土佐町久礼]

加工品・名産品


はりめ煮干し 高知県西部ではテンジクダイ科のクロホシイシモチやネンブツダイをゆで干しにする。これをところてんや素麺などのつゆのだしにする。甘味が強くてとても味がいい。[河原海産 高知県宿毛市小筑紫町栄喜]
赤じゃこいりこ 徳島県南では「いしわり」とも「赤じゃこ」とも呼びいりこ(煮干し)にする。クロホシイシモチは煮ているが味が悪いと加工しない。これでだしをとり、素麺やところてんのつゆにする。甘味が強く、それでいながらイヤミがない。[徳島県海部郡海陽町・牟岐町]

釣り情報

磯釣りや防波堤釣り(波止釣り)のウキ釣りや投げ釣りなどにくる代表的な魚。口が大きく、まっさきにハリを飲むので嫌われている。

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

チチヤツボ
参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所三重県北牟婁郡紀北町矢口浦 
ガマンタ
参考文献 場所三重県尾鷲 
ガマツタボ
参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所三重県尾鷲市九木浦 
オホナダカベジャコ
備考水族志。 参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所三重県熊野 
シカラ
参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県三輪崎・木ノ本 
ヒカラボ
参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県周参見 
ネブト
参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県和歌浦・白崎 
シカロ シカノウヲ シカノウオ
備考シカノウオ、シカノウヲは水族志。 参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県和深 
シカラボ
参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県太地 
アカジャコ[赤雑魚]
参考聞取、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)、阿波学会研究紀要 場所和歌山県田辺、徳島県海部郡海陽町・牟岐町・美波町 
アイジャコ
参考文献 場所和歌山県白浜 
ネンブツダイ
備考標準和名 参考『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年) 場所地域不明 
ダンジョウロ
参考文献 場所富山県東岩瀬 
ギョウスン
参考文献 場所富山県東岩瀬・生地 
キンギョ キンタロウ
参考文献 場所山口県下関 
イシモチ
参考文献 場所山口県下関、長崎 
イシワリ[石割]
参考聞取 場所徳島県海部郡海陽町宍喰 
トシゴロ トシゴロウ ヒムツ
参考文献 場所神奈川県三崎 
ムシノアタマ
参考文献 場所神奈川県国府津 
オンシラズ
参考文献 場所神奈川県横浜 
ケイセイ
参考文献 場所神奈川県江ノ島 
スミヤキ
参考文献 場所静岡県下田 
イシムツ
参考静岡県水産・海洋技術研究所・伊豆分場 場所静岡県仁科・田子 
アカルサン
参考静岡県水産・海洋技術研究所・伊豆分場 場所静岡県土肥 
イシボッチ
参考静岡県水産・海洋技術研究所・伊豆分場 場所静岡県安良里 
アナガンツウ
参考静岡県水産・海洋技術研究所・伊豆分場 場所静岡県田子 
イシアタマ
参考静岡県水産・海洋技術研究所・伊豆分場 場所静岡県網網代・富戸・田子 
ハリメ[張目]
備考煮干し。 場所高知県宿毛市 
スジイセジ
参考文献 場所鹿児島 
ガシタ
参考田中水産(鹿児島市) 場所鹿児島県坊津 
メブト
参考文献 場所和歌山県雑賀崎 
イナンカ ギンガリ キンセイ