アキアミ

代表的な呼び名アミ

アキアミの生物写真

雌は体長21ミリ前後に、雄は16ミリ前後になる。やや側扁し、全体に白い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目サクラエビ上科サクラエビ科アキアミ属
外国名
英名/Akiami paste shrimp
学名
Acetes japonicus Kishinouye,1905
漢字・学名由来
漢字 秋醤蝦。
由来・語源 秋にまとまってとれるアミのように小さなエビ。
地方名・市場名
アミ アカヒゲ[赤鬚]
備考単に。 

概要 ▽

生息域

汽水域。富山湾、中海、駿河湾、三河湾、瀬戸内海、有明海。

生態

5月〜6月に孵化した夏期世代は夏に急成長して、8月〜10月初旬にかけて、越年世代となる個体を生み出す。
越年世代ははじめの2ヶ月〜3ヶ月は成長するが冬期にはほとんど成長がとまり、春になり再び成長し始める。
越年世代は5月〜7月に産卵。
夏世代の寿命は2.5ヶ月〜3ヶ月。
越年世代は9ヶ月〜10ヶ月。

基本情報

アミとはついているがれっきとしたエビの仲間。
古くは汽水域に多産していたもの。
最近では汽水域の乱開発と汚染で激減している。
干しエビ、塩辛など加工品原料として重要なものだが、現在では供給が追いつかない状況。
韓国でもキムチや料理などに利用されて重要。

水産基本情報

市場での評価 希に入荷してくる。値段は安い。
漁期は9月〜11月。
あみすくい網漁

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

新しいものほど透明感がある。白いものは古く、やがて黒ずんでくる。

味わい

旬は秋。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

調理法 塩辛、釜揚げ、かき揚げ、煮つけ(佃煮)
岡山県ではとれたてのアキアミに塩をして、寝かせて塩辛にする。
家々で作り方が異なり、違った味わいだという。
これは佳肴となる。
釜揚げ(塩ゆで)しても美味。
あっさり煮ても、佃煮風にしてもうまい。
また大根、白菜などと煮てもいい

岡山県で作られるアミの塩辛
薄味で煮たもの。

好んで食べる地域・名物料理

岡山県
あみと大根の煮もの●アミをだしとして大根と似たもの。
あみ煮大根●生のアキアミを使う場合と
あみの生食い●生きているか、取れたてのものに生醤油をかけて食べる。
漬けあみ(あみの塩辛)●イサザアミでも作る。岡山の名産品。『アマノ』(岡山県岡山市など)。

加工品・名産品

小えび釜揚げ●塩ゆでして、水分をとばしたもの。そのまま食べたり、和え物に使って美味。[マルヨ 静岡県静岡市清水区蒲原]

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『聞き書 岡山の食事』(農文協)、『岡山ふだんの食事』(鶴藤鹿忠 岡山文庫)、『児島湾』(同前峰雄 岡山文庫)、『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる