イトヨリ

一般的に「イトヨリ」と呼ばれる水産物についてのまとめページです。

イトヨリダイについて

イトヨリダイのこと

一般的に「いとより(いとよりだい)」として販売されている魚は国内産ではイトヨリダイとソコイトヨリの2種類である。両種はほとんど区別されずに流通している。希にソコイトヨリを「ばけ」と区別する人もいるが少数派となっている気がする。

ともに高級魚であり、大型のものは高値で安定している。西日本に多く、小振りのものは練り製品や干ものの原料になっている。特にイトヨリ類を使った練り製品は高級である。

国内産が高いので東南アジアなどから冷凍輸入されているイトヨリダイ科の魚がいるが、ほとんどがドレスであったり開いてあったりする半加工品なので種はわからない。お弁当などに使われている「いとより」はほぼ総てが輸入ものと思っていい。


「イトヨリ」と呼ばれる水産物一覧

印は「イトヨリ」ですがそれ以外はイトヨリの仲間ではありません。



呼び名検索

方言を含む全ての名(標準和名,方言,呼び名,外国名,学名)から水産物を検索します。

閉じる