イッテンサクラダイ属

スズキ目(Perciformes)について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目
 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
鰭、棘などが発達した高等な魚類。
Suborder Acanthuroidei/ニザダイ亜目
Suborder Blennioidei/ギンポ亜目
Suborder Callionymoidei/ネズッポ亜目
Suborder Caproidei/ヒシダイ亜目
Suborder Gobiesocoidei/ウバウオ亜目
Suborder Gobioidei/ハゼ亜目
Suborder costeoidei/イレズミコンニャクアジ亜目
Suborder Labroidei/ベラ亜目
Suborder Mugiloidei
Suborder Percoidei/スズキ亜目
Suborder Scombroidei/サバ亜目
Suborder Scombrolabracoidei/ムカシクロタチ亜目
Suborder Sphyraenoidei
Suborder Stromateoidei/イボダイ亜目
Suborder Trachinoidei/ワニギス亜目
Suborder Xiphioidei/カジキ亜目
Suborder Zoarcoidei/ゲンゲ亜目

スズキ亜目(Percoidei)について


Family Acropomatidae Gill, 1893/ホタルジャコ科
Family Ambassidae Klunzinger, 1870/タカサゴイシモチ科
Family Apogonidae Günther, 1859/テンジクダイ科
Family Banjosidae Jordan & Thompson, 1912/チョウセンバカマ科
Family Bathyclupeidae Gill, 1896/ソコニシン科
Family Bramidae Bonaparte, 1831/シマガツオ科
Family Caesionidae Bonaparte, 1831/タカサゴ科
Family Callanthiidae Ogilby, 1899/シキシマハナダイ科
Family Carangidae Rafinesque, 1815/アジ科
Family Caristiidae Gill & Smith, 1905/ヤエギス科
Family Centrogenyidae Fowler, 1907
Family Cepolidae Rafinesque, 1815/アカタチ科
Family Chaetodontidae Rafinesque, 1815/チョウチョウウオ科
Family Cheilodactylidae Bonaparte, 1850/タカノハダイ科
Family Cichlidae/カワスズメ科
Family Cirrhitidae Macleay, 1841/ゴンベ科
Family Coryphaenidae Rafinesque, 1815/シイラ科
Family Drepaneidae Gill, 1872
Family Echeneidae Rafinesque, 1810/コバンザメ科
Family Emmelichthyidae Poey, 1867/ハチビキ科
Family Epigonidae Poey, 1861/ヤセムツ科
Family Gerreidae Bleeker, 1859/クロサギ科
Family Glaucosomatidae Jordan & Thompson, 1911/アオバダイ科
Family Haemulidae Gill, 1885/イサキ科
Family Howellidae Ogilby, 1899/クシスミクイウオ科
Family Kuhliidae Jordan & Evermann, 1896/ユゴイ科
Family Kyphosidae Jordan, 1887/イスズミ科
Family Lateolabracidae/スズキ科
Family Latidae Jordan, 1888/アカメ科
Family Leiognathidae Gill, 1893/ヒイラギ科
Family Lethrinidae Bonaparte, 1831/フエフキダイ科
Family Lobotidae Gill, 1861/マツダイ科
Family Lutjanidae Gill, 1861/フエダイ科
Family Malacanthidae Poey, 1861/キツネアマダイ科
Family Menidae Fitzinger, 1873/ギンカガミ科
Family Monodactylidae Jordan & Evermann, 1898/ヒメツバメウオ科
Family Mullidae Rafinesque, 1815/ヒメジ科
Family Nemipteridae Regan, 1913/イトヨリダイ科
Family Opistognathidae Bonaparte, 1835/アゴアマダイ科
Family Oplegnathidae Bleeker, 1853/イシダイ科
Family Ostracoberycidae Fowler, 1934/オニガシラ科
Family Pempheridae/ハタンポ科
Family Pentacerotidae Bleeker, 1859/カワビシャ科
Family Plesiopidae Günther, 1861/タナバタウオ科
Family Polynemidae Rafinesque, 1815/ツバメコノシロ科
Family Polyprionidae Bleeker, 1874/イシナギ科
Family Pomacanthidae Jordan & Evermann, 1898/キンチャクダイ科
Family Pomatomidae Gill, 1863
Family Priacanthidae Günther, 1859/キントキダイ科
Family Pseudochromidae Müller & Troschel, 1849/メギス科
Family Rachycentridae Gill, 1896/スギ科
Family Sciaenidae Cuvier, 1829/ニベ科
Family Scombropidae Gill, 1862/ムツ科
Family Serranidae Swainson, 1839/ハタ科
Family Sillaginidae Richardson, 1846/キス科
Family Sparidae Rafinesque, 1818/タイ科
Family Symphysanodontidae Katayama, 1984/カワリハナダイ科
Family Terapontidae Richardson, 1842/シマイサキ科
Family Toxotidae Bleeker, 1859/テッポウウオ科

ハタ科(Serranidae)について

鹿児島中央市場のタマカイ
 ハタ科(Family: Serranidae Swainson, 1839)は非常に大きな科(Family)でハナダイ亜科、ハタ亜科、ヒメコダイ亜科の3亜科がある。
 ハタ科にはヒメコダイ亜科のヒメコダイやハナダイ亜科ナガハナダイなどのように華やかで小振りな種もいるが、もっともハタらしいと言えるのはハタ亜科の魚たちである。

ハナダイ亜科(Anthiinae)について

比較的市場で見かける機会の多いアカイサキ
 ハナダイ亜科(Subfamily: Anthiinae)にはアカイサキ属(Caprodon)、ミハラハナダイ属(Giganthias )、ミナミハナダイ属(Luzonichthys )、イズハナダイ属(Plectranthias)、ナガハナダイ属(Pseudanthias)、サクラダイ属(Sacura)、ハナゴンベ属、(Serranocirrhitus)、ヒメハナダイ属(Tosana)、イトヒキハナダイ属(Tosanoides)があり、総てが色彩に富み華やかな外見をしている。
 一般的に食用とされているのはアカイサキだけで他は非常にマイナーな存在、もしくは小さいことから食用とされていない。

ハタ亜科について(Epinephelinae)

築地場内のクエ
 ハタ亜科(Sub family: Epinephelinae)にはキハッソク族(Diploprionini)、ハタ族(Epinephelini)、ヌノサラシ族(Grammistini)、ハナスズキ族(Liopropomini)、アラ族(Niphonini)の3族(Tribe)がある。食用として重要で、一般的な「ハタ」を多く含む。ヌノサラシ族、キハッソク族はほとんど利用されていない。またハナスズキ族は小型種が多く食用となっていない。
ハタ族(Epinephelini)/マハタ属(Epinephelus)を第一にしてクロハタ属(Aethaloperca)、アズキハタ属(Anyperodon)、ユカタハタ属(Cephalopholis)、、スジアラ属(Plectropomus)、ヤマブキハタ属(Saloptia)、トビハタ属(Triso)、バラハタ属(Variola)がもっとも
ヌノサラシ族(グラミスチンという粘液毒を持つことが多い)/ヤマトトゲメギス属(Aporops)、ヌノサラシ属(Grammistes)、ジャノメヌノサラシ属(Grammistops)、トゲメギス属(Pseudogramma)、クレナイトゲメギス属(Suttonia)
キハッソク族/ルリハタ属(Aulacocephalus )、ヤミスズキ属(Belonoperca)、キハッソク属(Diploprion)
ハナスズキ族/ハナスズキ属(Liopropoma)
アラ族/アラ属(Niphon)

ヒメコダイ亜科(Serraninae)について

天ぷらの種に処理されたヒメコダイ
 ヒメコダイ亜科(Subfamily: Serraninae)はヒメコダイ属1属ミナミヒメコダイ、ヒメコダイ、ホシヒメコダイの3種である。
 古くは食用としての評価の低い魚だったが、近年ヒメコダイは関東で天ぷらの種として重要な存在となっている。

イッテンサクラダイ属(Odontanthias)について


Subfamily/Anthiinae Poey, 1861/ハナダイ亜科
国内で見つかっている種。
Species Odontanthias borbonius (Valenciennes, 1828)/マダラハナダイ
Species Odontanthias flagris Yoshino & Araga, 1975/ハタタテハナダイ
Species Odontanthias katayamai (Randall, Maugé & Plessis, 1979)/バラハナダイ
Species Odontanthias rhodopeplus (Günther, 1872)/ボロサクラダイ
Species Odontanthias unimaculatus (Tanaka, 1917)/イッテンサクラダイ
国内で見つかっていない種。
Species Odontanthias caudicinctus (Heemstra & Randall, 1986)
Species Odontanthias chrysostictus (Günther, 1872)
Species Odontanthias dorsomaculatus Katayama & Yamamoto, 1986
Species Odontanthias elizabethae Fowler, 1923
Species Odontanthias fuscipinnis (Jenkins, 1901)
Species Odontanthias grahami Randall & Heemstra, 2006
Species Odontanthias hensleyi Anderson & García-Moliner, 2012
Species Odontanthias katayamai (Randall, Maugé & Plessis, 1979)
Species Odontanthias randalli White, 2011
Species Odontanthias tapui (Randall, Maugé & Plessis, 1979)
Species Odontanthias wassi Randall & Heemstra, 2006

イッテンサクラダイ属に属する仲間一覧


通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる