ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハツメ(Oweston sting fish)

学名:Sebastes owstoni (Jordan and Thompson, 1914)

ハツメの形態写真

体長25センチ前後になる。側扁(左右に平たい)し、全体は橙色で背から腹に暗色斑がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Oweston sting fish
    学名
    Sebastes owstoni (Jordan and Thompson, 1914)
    漢字・由来
    漢字 鉢目
    由来・語源 富山県でメバル類、カサゴなどの仲間に共通する呼び名。目が鉢(丸い容器)のようにパッチリと大きいため。
    地方名・市場名
    アカハタ/兵庫県但馬地方
    アカラバチメ(アカラ)/新潟県糸魚川、富山県高岡市、石川県七尾市・金沢市、兵庫県但馬地方
    アガラ/山形県鶴岡市由良漁港
    オオバ/北海道の日本海側
    ヤナギノマイ/秋田県秋田市、福島県で
    ハチメ/山形県鶴岡市由良漁港
    ガンゾ/新潟県糸魚川
    ウオズ(富山県)、テリ(山形県象潟)、モンシャク(秋田県男鹿)。
    生息域
    海水魚。千葉県、島根県以北。朝鮮半島、沿海州、オホーツク海。
    水深100〜300メートル。
    生態
    卵胎生。
    基本情報
    日本海、東北、北海道では庶民的な総菜魚。
    まとまってとれて、安くて味がよいので好まれる。
    ただ鮮度落ちが早く、流通上ではマイナーな存在で、関東などには安定して入荷する物ではない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などにはときにまとまって入荷してくる。ただし入荷は安定せず、認知度も低い。安い。
    漁法 底曳き網、刺し網
    産地 日本海各地、北海道、福島県
    選び方
    触って張りがあり、硬いもの。橙の色合いの濃いもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    体が左右に薄く、棘なども他のメバル属よりも細くて弱い。
    鱗は薄く小さく取りやすい。皮はやや柔らかい。
    白身でやや水分が多いがまったくクセがなく、身離れがいい。
    骨、アラなどからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    塩焼き、煮つけ、唐揚げ、汁
    ハツメの塩焼き塩焼き 水分が多く、全体が柔らかい。振り塩して少し置き、香ばしく焼く。皮目の風味が良く非常に美味。骨からいいだしが出るので骨湯にしてもいい。
    ハツメの煮つけ煮つけ 上品な白身で身離れがいい上に、いいだしが出る。煮魚にする必須条件が整っている。比較的薄味で煮て美味。
    唐揚げ 小振りのものは躊躇無く唐揚げにしてしまうべし。水分が多いのが利点となり、香ばしく、骨まであますことなく食べられる。
    みそ汁、塩味の汁、中華風の汁、ブイヤベースなど汁ものに非常に向いている。
    好んで食べる地域・名物料理
    山形県、新潟県、富山県
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『但馬の美味しいお魚図鑑』(たじまの魚 新商品・新メニューの開発チーム 但馬水産事務所)
  • 主食材として「ハツメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ