ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヤナギノマイ(Yellow body rockfish)

学名:Sebastes steindachneri Hilgendorf, 1880

ヤナギノマイの形態写真

体長30cm前後になる。全体に黄色みがかっていて、側線が目立つ。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Yellow body rockfish
    学名
    Sebastes steindachneri Hilgendorf, 1880
    漢字・由来
    漢字 柳の舞
    由来・語源 東北・北海道での呼び名。
    「ヤギ類(刺胞動物)の密生するあたりにいるため」と『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)にある。
    地方名・市場名
    根室でキゾイ。
    小樽ではモヨ、モイ。
    岩手県でキハダ。
    モヨ、モイ、モンキ、ダック。
    生息域
    海水魚。水深355mよりも浅い岩礁域、砂泥地で群れを作る。
    北海道オホーツク海沿岸、北海道〜新潟県の日本海沿岸、北海道〜岩手県の太平洋沿岸、神奈川県三崎、能登半島、鳥取県でもとれることがある。サハリン南西岸・南東岸・西岸、千島列島。
    生態
    卵胎生。
    交尾期は12月、出産期は6〜7月。
    基本情報
    北海道での水揚げが多い魚で、まとまってとれるために安い。
    汁、煮つけ、焼きものなど用途が多く、しかも安いので北国を代表する総菜魚。
    関東にも入荷が多く、安いのでもっと利用されてもいい魚だ。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は少なくない。安い。
    漁法 刺し網、定置網、延縄、底曳き網
    産地 北海道、岩手県
    選び方
    味わい
    旬は冬。
    寒い時期に味がよく、初夏の出産時に味が落ちる。
    鱗は薄く細かく取りやすい。皮はあまり硬くない。
    透明感のある白身で熱を通しても硬くならない。身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(みそ汁、三平汁)、煮つけ、刺身、塩焼き
    ヤナギノマイの汁 ぶつ切りにして水から煮ると実にいいだしが出る。身が縮まず軟らかい。みそ汁にしても野菜たっぷり、塩味の「三平汁」にしてもいい。
    ヤナギノマイの煮つけ煮つけ 煮ても硬くならず、身離れがいい。端正な白身のよさが堪能できる。
    ヤナギノマイの刺身刺身 鮮度さえよけれが刺身にしても美味。皮目をあぶり皮霜造りにしても魅力的。血合いが目立たず、見た目にもきれい。食感がよく、ポン酢、コチュジャン酢などでもいい。
    ヤナギノマイの塩焼き塩焼き やや淡泊ではあるが、上品な白身でなかなかいい味をしている。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    市場での評価・取り扱われ方◆
    北海道などからときどきまとまって入荷してくる。ただし入荷する頻度は低い。黒や目立たない色合いの魚が多い北にあって鮮やかな黄赤の本種は目立つ。ただし鮮度の落ちるのが早いようで関東の市場での評価は低い。
    ヤナギノマイの基本◆
    基本的に本種は関東に来ると「カサゴ類」もしくは「ソイ類」でしかない。あまり馴染みがないものだろう。産地では刺身などになるが鮮度が落ちやすいので、普通、煮魚、塩焼きなどにしか出来ない。ただし美味な魚ではある。
    ◆食べてみる◆
    30センチを超える大形の魚で、透明感のある素晴らしい白身。
    鮮度さえよければ刺身にもなる。
    ただし一般的には煮つけや塩焼き用とされる。
    参考文献・協力
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)
  • 主食材として「ヤナギノマイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ