ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

バラメヌケ(Rose-rockfish, Brickred rockfish)

学名:Sebastes baramenuke (Wakiya)

代表的な呼び名メヌケ

バラメヌケの形態写真

体長40センチ前後になる。楕円形で側扁する。頭部に横に走る暗褐色の筋が3本、身体に帯状の暗褐色の部分がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Rose-rockfish, Brickred rockfish
    学名
    Sebastes baramenuke (Wakiya)
    漢字・由来
    漢字 薔薇目抜
    由来・語源 鮮やかな赤い色をした目抜。
    地方名・市場名
    関東の市場では単にメヌケ(目抜)。
    ガバサガ、ガメサガ、サガ、バテ、バラ、バラサガ、バラヌケ、バラメヌケ。
    生息域
    海水魚。千葉県銚子以北以北、南千島。水深100メートル以深。
    生態
    卵胎生。
    基本情報
    北海道ではもっともたくさんとれるもの。
    赤魚類全体の値上がりから、本種も非常に高価なものとなっている。
    ただし古くは比較的安く、総菜魚として普通だった。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は少ない。非常に高い。
    漁法 延縄
    主な産地 北海道、青森県、岩手県
    選び方
    鮮やかな赤であるもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    白身で脂が混在して、時間が経つと白濁する。
    皮に味があり、皮下にはゼラチン質の層があり脂と旨みがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    鍋物、汁、煮つけ、塩焼き、ポワレ
    クセがなくどのような料理にも向いている。
    鍋物にして非常にうまい。
    あっさりしたなかに旨みが充実しており、ほどよく繊維質の身の舌触りもよい。
    潮汁などにしても美味。
    煮つけは定番料理だが、これも非常に美味。
    塩焼き、ポワレもうまい。
    バラメヌケの潮汁バラメヌケの潮汁
    バラメヌケは鍋や汁ものにするのがいちばんうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    最近では「目抜け(めぬけ)類」が非常に高くなって、鮮度のいいものはとても手が届かないものとなっている。
    関東ではオオサガ、本種をもって「目抜け」と呼び、アコウは「本あこう」などとも呼ぶが、取り扱いはまったく同じ。
    ◆食べてみる◆
    赤いメバル属はみな味が良いのだが、本種もまさにそのごとくである。
    刺身にしてとろっとした舌触り、甘味がありとても美味。
    鍋物、煮つけにしてうまい出しが出るし、また身の方も美味である。
    他には塩焼き。
    参考文献・協力
    『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「バラメヌケ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ