ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヤナギメバル(Willow rockfish)

学名:Sebastes itinus (Jordan and Starks,1814)

ヤナギメバルの形態写真

体長40センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Willow rockfish
    学名
    Sebastes itinus (Jordan and Starks,1814)
    漢字・由来
    漢字 柳目張
    由来・語源
    ■ ヤナギガレイ(ヤナギムシガレイ)がいる場所に一緒にいる目張という意味合い。
    ■ 刺胞動物のヤギ類のいる場所にいるメバルという意味合い。
    ■ メバルは目が大きく見張っているようであるため。
    地方名・市場名
    アカオ、アカバチメ、ヤナギノマイ。
    生息域
    海水魚。北海道日本海沿岸、岩手県〜駿河湾の太平洋沿岸、新潟県、兵庫県香住。サハリン西岸、黄海。
    やや深場。
    生態
    基本情報
    非常に水揚げが少ない種。
    めったに手に入らない魚で、大きな漁港でも数日に1尾揚がればいい方。
    大型のメバルなので味が良いのだが、とれる量は少なすぎる。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ヤナギメバル」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ