ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオサガ(Angry rockfish)

学名:Sebastes iracundus

代表的な呼び名メヌケ

オオサガの形態写真

体長60センチを超える。楕円形で赤い。斑文などはなく、尾鰭は叉形。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Angry rockfish
    学名
    Sebastes iracundus
    漢字・由来
    漢字 大佐賀
    由来・語源 三陸で深海性の赤いカサゴを「さが」といい。「おおさが」は」大きなサガの意味」「さが」はサンコウメヌケのことだとも。
    地方名・市場名
    単にメヌケ(目抜け)とも。
    キンキン、コウジンメヌケ(荒神目抜け)、サガ、メヌケ、ネヌキ、マエブカ。
    生息域
    海水魚。水深200〜1300メートル。400〜800メートルに多い。
    銚子以北の太平洋側、北海道、千島、天皇海山。
    生態
    基本情報
    古くは安い魚であって、家庭料理に多用されたもの。
    あまりとれなくなり、流通の発達とともに味の良さが再認識されるとともに非常に高値となっている。
    現在魚類のなかでももっとも高価なもので、切り身はデパートなどで数千円する。
    一般には煮つけや、塩焼きなどになる。
    オオサガの腹腔膜腹腔膜は黒い。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。1尾単位で箱に入っていることが多く、超高級魚。
    漁法 延縄
    主な産地 北海道、三陸
    選び方
    赤の鮮やかなもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    鱗は薄く取りやすい。骨は硬い。
    白身で脂が混在する。
    皮、皮下に脂と旨みがあり、ゼラチン質の層をなしている。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    鍋物、汁物、煮つけ、漬け魚(みそ漬け、しょうゆ漬け)、刺身、ポワレ
    皮などから粘液がにじみ出てくる。食べていてきれいではないが、味わいはよい。特にアラや骨周りの味わいが素晴らしい。
    みそ汁 アラと肝、胃などのみそ汁は絶品である。比較的脂の甘さはあるものの、旨みに欠けるところが内臓が補ってくれる。
    煮つけ 醤油と甘み(砂糖、みりん、酒)などの煮汁に皮や骨などから甘みである脂がにじみ出してくる。皮はねっとりとして甘く、胃はやや淡泊ならが旨みにボリュームがある。やみつきになる味だ。食べた後、熱湯をそそぐとより感動が大きくなる。
    漬け魚 みそとの相性が非常にいい。西京みそでも、田舎みそでもいい。
    オオサガのみそ汁オオサガのみそ汁
    みそ汁には肝をたっぷり入れたい。
    オオサガのあら煮オオサガのあら煮
    オオサガの皮霜造りオオサガの皮霜造り
    オオサガのみそ漬けオオサガのみそ漬け
    好んで食べる地域・名物料理
    あざら 白菜の漬け物(古漬け)とメヌケ(オオサガ、サンコウメヌケ)、酒粕、みそを使う。粕汁であるが煮返すと総菜的な要素が強くなる。かなり個性的な味で好き嫌いがはっきりする。
    祝儀に食べる 北海道ではマダイの代わりに、めでたいっことがあると、食べた。
    さがの吸いもの 「東北地方一帯では、昔から鯛の代用品として祝い魚に使われている。特に祝儀などには、生魚で一ぴき丸ごとお膳につけられるほか、切り身は吸いものとなる。」[聞き書 岩手の食事(農文協)]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「オオサガ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ