ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

タケノコメバル(Oblong rockfish)

学名:Sebastes oblongus Günther,1880

タケノコメバルの形態写真

体長35cm前後になる。紡錘形に近く、腹は鰭の一部に筍の皮を思わせる斑紋はある。尾鰭の後縁は丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
    外国名
    Oblong rockfish
    学名
    Sebastes oblongus Günther,1880
    漢字・由来
    漢字 筍目張
    語源・由来 大阪方面では筍(たけのこ)の出る頃に頗る(すこぶる)美味となると称し、また美味の時には筍よりも美味だと言っている。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    私見だが、真竹の子の皮に模様が似ているためではないか、とも思われる。
    地方名・市場名
    三陸でベッコウスイ。
    宮城県石巻魚市場でボイジョ。
    ガアフク、カガニ、ガシラ、カブトメバル、キュウリソイ、クロハツメ、コガネメバル、サンノジメバル、タケノコ、ツラナガ、トモトメバル、ボッカスイ、ボッカメバル、マミヤイメバル、メバル、モアラカブ、モズ、モハツメ、モブシ、モムシ。
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域。
    北海道〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、北海道日高、青森県〜三重県の太平洋沿岸、土佐湾。朝鮮半島南岸・東岸。
    生態
    基本情報
    主に日本各地の浅場にいる魚だが、あまりとれないので知名度が低い。
    意外に北海道に少ない。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は希。やや高値。
    漁法 定置網、刺し網
    産地 長崎県ほか
    選び方
    活魚がいい。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    鱗は硬いが取りやすい。皮は厚く硬い。骨はやや硬め。
    透明感のある白身で熱を通してもあまり硬くならない。身離れがいい。
    いいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    汁(潮汁、みそ汁、鍋)、煮つけ、生食(刺身、焼霜造り)、焼く(塩焼き)
    タケノコメバルの汁
    単に水から煮出して塩味、もしくはしょうゆ味、みそ味をつけるという単純な汁が実にうまい。少し煮込むとなおいい。
    タケノコメバルの煮つけ煮つけ
    煮ても硬く締まらず、身離れがよい。身は適度にほとほとと崩れて甘い。非常にうまい煮つけになる。
    タケノコメバルの刺身刺身
    皮をつけたまま焼霜造りもいいが、活魚なら単に薄造りにして味がいい。肝がうまいのでできれば添えて欲しい。
    焼く
    もっとも単純な塩焼きにして硬くならず、わずかにふんわりとする。身に甘み、皮の風味がありなかなか捨てがたい味だ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    三陸などではルアー釣りの対象として人気がある。またを東北太平洋側を海沿いに北上していたら防波堤釣りであがっていた。当地では身近な浅海の魚であるようだ。バケツの中は大小入り混じり、タケノコメバルだらけ。見ているとテトラの間に餌を落とすとすぐに釣り上がる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「タケノコメバル」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ