新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
カサゴ目フサカサゴ科メバル属
タケノコメバル
Sebastes oblongus Gunther
他のメバル属の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身/煮つけ/塩焼き
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆市場にはときどき少ないながらも入荷してくる。定まった評価はないが活け、大きいものはやや高め
タケノコメバルの基本◆
漁業の対象としてよりも、釣魚として重要である。市場で見かけることはほとんどない。これは浅い岩礁域に棲息するためだと思う。
生息域◆北海道南部から九州。朝鮮半島。
生態◆卵胎生。浅い岩礁域、防波堤周りにもいる。
大きさ◆40センチ前後になる
漁獲方法◆定置網/釣り
漢字◆「筍目張」。
由来◆「たけのこ」とつく謂れが不明であるが、真竹の子の皮に模様が似ているためではないかと思われる。
呼び名・方言◆「べっこうすい」。
釣り◆三陸などではルアー釣りの対象として人気がある。またを東北太平洋側を海沿いに北上していたら防波堤釣りであがっていた。当地では身近な浅海の魚であるようだ。バケツの中は大小入り混じり、タケノコメバルだらけ。見ているとテトラの間に餌を落とすとすぐに釣り上がる。
◆食べてみる◆
 なぜか市場にくるときも大小入り混じってくる。これは明らかに漁獲対象魚ではないためであろう。見映えは悪いが身は透明感のある白身。
 刺身にして美味。
 他には塩焼き、煮つけなどいろいろな料理に使える。
●本サイトの無断転載、使用を禁止する