ミナミシマアジ

ミナミシマアジの生物写真

全長75cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科シマアジ属
外国名
Silver Trevally
学名
Pseudocaranx georgianus (Cuvier, 1833)
漢字・学名由来
漢字/南島鰺
由来・語源/魚類学者、阿部宗明(あべときはる 1911-1996)の命名。南半球のシマアジ属という意味合い。
Cuvier
バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。
ニュージーランド西沿岸・南沿岸、オーストラリア南西沿岸。

生態

基本情報

ニュージーランドなどから輸入されていたもの。現在(2017)はまったく見ない。
利用法はシマアジと同じ。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献

『新顔の魚 1970-1995』(阿部宗明 財団法人伊藤魚学研究振興財団 まんぼう社)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる