マルウズラタマキビ


殻高1.5cm前後。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマキビガイ上科タマキビガイ科ウズラタマキビ属
外国名
学名
Littoraria (Palustorina) articulata (Philippi,1846)
漢字・学名由来
漢字 丸鶉玉黍
由来・語源 吉良哲明の命名。タマキビ科で丸みがあり、ウズラのような模様があるため。
タマキビの由来・語源 「玉黍」とはトウモロコシのこと。トウモロコシの粒ほどの大きさの貝の意味か。『六百介品』より。
地方名・市場名

概要

生息域

内湾の干潟の上の岩や、マングローブの林。
四国以南。北オーストラリア。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど