マハタモドキ

マハタモドキの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
体長80センチ前後になる。全体に黒く、やや側扁(左右に平たい)する。後ろから2番目の黒い横縞は1本で2本に分かれない。
後ろから2番目の黒い横縞は1本で2本に分かれない
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属
外国名
Eightbar grouper 八帶下美鮨、石斑、過魚、大黑貓、鱸麻(台湾北部)
学名
Hyporthodus octofasciatus (Griffin, 1926)
漢字・学名由来
漢字 真羽太擬
由来・語源 マハタに非常に似て別種の意味。山口大学で魚類学の研究をしていた片山正夫(1912生まれ)がマハタと混同されていた本種に和名をつけたのではないかと思う。
『図説有用魚類千種 正』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年)掲載のマハタの絵は明らかにマハタモドキで混同されていた時期が長いよう。現在でも混同されて扱われている。
地方名・市場名
アーラミーバイ
参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
アラ クロタカバ
場所鹿児島県 
シマモウオ[志まもうを]
備考『麑界魚譜』(白野夏雲編、二木直喜画、白野夏雲、木脇啓四郎、二木直喜著 1911)の「志まもうを(シマモウオ)」に当たるのでは。 参考『麑界魚譜』(白野夏雲編、二木直喜画、白野夏雲、木脇啓四郎、二木直喜著 1911) 

概要

生息域

海水魚。島嶼の岩礁、水深30〜350m。
[千葉県勝浦市]、伊豆諸島八丈島、小笠原諸島、和歌山県白浜沖、奄美大島、沖縄諸島。
インド・太平洋域。

生態

基本情報

南日本の暖かい海域にいるもので、姿がマハタにそっくり。
専門家もマハタと混同していたことがある。
今や超高級魚のマハタと同様に取り扱われて、同様に高価。
関東の市場では、「マハタ」として売られていることが多い。
非常に味がよく、特に寒い時期には人気が高い。

水産基本情報

市場での評価 関東には希に入荷してくる。マハタモドキとしての評価はなく、マハタとして評価されて高い。
漁法 釣り、定置網
産地 鹿児島県ほか

選び方・食べ方・その他

選び方

触って張りのあるもの。体色の濃いもの。時間が経つと黒があせる。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は秋から初夏だと思われる
比較的味の落ちる時期は短いようだ。
鱗は細かく、取りにくいので包丁で引く方がよい。皮は硬く、しっかりしている。
胃は厚みがあり大きい。肝は美味。
皮、骨などからいいだしが出、皮は熱を通すとぷるんとして甘みがある。
鱗は細かく、取りにくいので包丁で引く方がよい。
血合いが美しい上質の白身だ。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

マハタモドキの料理法・レシピ・食べ方/汁(みそ汁、鍋)、煮つけ、ソテー(ポワレ、ムニエル)、刺身
マハタモドキの汁 冬期には鍋物材料として非常に優れている。特にちり鍋などにしてうまさを発揮する。皮が厚く、その真下がゼラチン質で甘みがある。骨などからいいだしが出る。白身でクセがなく、ほどよくしまり、細い繊維櫛で口の中でほどける具合が心地よい。またみそ汁は絶品。

マハタモドキの煮つけ 皮下のゼラチン質を生かすなら液体調理が向いている。特に定番料理とも言えそうなのが煮つけ。白身の味わいと皮、皮下の旨みが堪能できる。
マハタモドキのソテー 油を使ってソテしてもよい。尾に近い淡泊な部分はバターを使いムニエルに、頭部に近い旨みの濃い部分はポワレと使い分けてもいい。
マハタモドキの刺身 あまり鮮度のいいものよりも、少し寝かしたものの方がうまい。また活け締めしたばかりのものは硬く味わいに欠ける。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど