ハイガイ

ハイガイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
63mm SL 前後。貝殻は非常に厚く膨らみが強い。結節をそなえた20本前後の肋があり、肋間は肋よりも幅が広い。結節が目立つ。
63mm SL 前後。貝殻は非常に厚く膨らみが強い。結節をそなえた20本前後の肋があり、肋間は肋よりも幅が広い。結節が目立つ。
63mm SL 前後。貝殻は非常に厚く膨らみが強い。結節をそなえた20本前後の肋があり、肋間は肋よりも幅が広い。結節が目立つ。[東京湾化石]
63mm SL 前後。貝殻は非常に厚く膨らみが強い。結節をそなえた20本前後の肋があり、肋間は肋よりも幅が広い。結節が目立つ。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は普通)
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱フネガイ目フネガイ科リュウキュウサルボウ亜科ハイガイ属
外国名
Bloody clam, Granulated ark
学名
Tegillarca granosa (Linnaeus,1758)
漢字・学名由来
漢字 灰貝 Haigai
由来・語源 『目八譜』に「灰貝=チンミ」大量にとって貝殻を焼いて石灰を作ったことから。
『重修本草綱目啓蒙』ではサルボウが「はいがい」とあることから1種の貝の名前ではなく、灰の製造原料となったものの総称かも知れない。『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
波部忠重は幼貝にナンバンハイガイ。
Linnaeus
Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

海水生。潮間帯〜水深10mの泥底。干潟。
伊勢湾以南。朝鮮半島、中国、東南アジア。
国内では有明海に残るのみという説が有力。

生態

基本情報

古くはたくさんとれていたので貝殻を焼いて石灰などを生産していたために、この呼び名がある。
今現在、国内では有明海で少ないながらとれている。関東などには非常に希に入荷するのみ。むしろ中国、韓国などでまとまってとれている。韓国ではサルボウよりも高価に取引されている。
東京湾でも貝殻が見つかるが、これはいわば化石とも言えるもの。産地であった岡山県は児島湾干拓のために消滅、山口県でも昭和40年代半ばには姿を消してしまったという。岡山県ではアカガイ、サルボウ、ハイガイのフネガイ科の食用貝がとれていたものが、今は赤貝という名で売られるサルボウのみ堅調であるようだ。このように自然破壊がそのままにハイガイの生息域を著しく狭めている。それもたぶんまったく無用の公共事業のためにである。
今、唯一食用として漁獲されているのは有明海だけだが、諫早湾干拓事業、堰によってハイガイの多くが消滅している。まったく無駄な事業で、役人や自民党の構造自体が持つ矛盾によって、これほど愚かなことが行われていいのか疑問がいっぱい湧いてくる。

水産基本情報

市場での評価 今ではほぼ流通漁はゼロ。有明海周辺で少ないながら売り買いされている。
漁法 不明
産地 有明海周辺

選び方・食べ方・その他

選び方

持ち重りのするもの。触って貝殻をしっかり閉じるもの。

味わい

旬は春。
貝殻は厚みがあって硬い。軟体はやや大きい。
生はやや生臭い。煮て旨みを発揮する。熱を通すとやや硬くなる。

栄養

タンパク質、脂質は少なく、ビタミン類、無機質の鉄、カルシウムなどが豊富。

危険性など

食べ方・料理法・作り方

ハイガイの料理法・レシピ・食べ方/煮る(煮つけ、塩ゆで)
ハイガイの煮つけ まずざっとゆでて身を取り出す。ゆでじるの中、もしくは流水で泥などを落とす。これを酒・砂糖・水を湧かした中に入れて漬け込む。煮汁の中で煮てもおいしいが硬くなる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

ネブクキギャー
参考文献 場所佐賀県唐津市 
チッコゲッコ
備考化石に対しての呼び名。 参考文献 場所千葉県館山市船形・富浦町 
サグリガイ
参考文献 場所山口県柳井市平生湾 
ハエカエ
参考文献 場所岡山 
チハイガイ
参考文献 場所岡山県児島湾 
チンメ
参考文献 場所愛知県刈谷市 
チンメン
参考文献 場所愛知県蒲郡市 
マスガイ マツガイ
参考文献 場所神奈川県江ノ島 
シシギャー
参考文献 場所長崎県島原半島 
シシガイ[四四貝]
備考これは「四四貝」ということで四四=一六、すなわち貝の放射線状の畝が16あることからきている。 場所佐賀県鹿島市 
ミロクガイ
参考文献 場所福岡県柳河 
チンミ[灰貝]
備考『目八譜』に「灰貝=チンミ」。 参考『目八譜』