ツノハタタテダイ


20cm SL 前後になる。全体に黒く側へんし、体高が体長と同じくらい。黒地に白いラインが頭部と、背鰭から尾柄部にかけてある。頭部の白い横筋は背鰭起部から鰓蓋下部に達する。第4棘はあまり伸びない。[12cm SL・100g]

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科ハタタテダイ属
外国名
学名
Heniochus varius (Cuvier, 1829)
漢字・学名由来

漢字/角旗立鯛 Tsunohatatatedai
由来・語源/眼の斜め前方に棘(角)があるハタタテダイ属の魚という意味。「旗立鯛」はハタタテダイの神奈川県江ノ島での呼び名。
〈タフタフウヲ科ハタタテダヒ属ツノハタタテダヒ(新称) Heniochus varius (CUVIER)〉。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)

Cuvier
バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
地方名・市場名
カーサー
参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)、河村雄太さん 場所沖縄県知念漁港・石垣島 

概要

生息域

海水魚。サンゴ礁、岩礁域。
小笠原諸島、幼魚/静岡県伊東市富戸、和歌山県串本、琉球列島。
台湾、東沙諸島、南沙諸島、東インド-太平洋。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他

選び方

味わい

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど