ツノナガチヒロエビ

代表的な呼び名アカエビ

ツノナガチヒロエビの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
20cm近くになる。生の状態で赤が強い。頭部が大きく額角が長い。
20cm近くになる。生の状態で赤が強い。頭部が大きく額角が長い。
20cm近くになる。生の状態で赤が強い。頭部が大きく額角が長い。
魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目チヒロエビ科ツノナガチヒロエビ属
外国名
Giant red shrimp
学名
Aristeomorpha foliacea (Risso,1827)
漢字・学名由来
漢字 角長千尋蝦
由来・語源 角(額角)が長いチヒロエビの意味。尋(ひろ)とは大人が両手を広げた長さ。この千杯も深い場所という意味合いで深海をさす。
地方名・市場名
ベニエビ[紅蝦]
参考鹿児島市田中水産 場所鹿児島県鹿児島市・串木野 
トンガララシ
場所三重県尾鷲市 
アカエビ[赤えび]
場所静岡県沼津市・愛知県西尾市一色 

概要

生息域

海水生。世界中の水深200-400m。
相模湾以南、九州。

生態

基本情報

深海底曳きなどでときにまとまって水揚げされ、産地周辺で食用となっている。日本だけではなく台湾などでも同様だと思う。深紅なので非常に目立つ。
独特の脂があり、生で食べると腹痛などを起こす。一般に煮る、ゆでるなどをして食べる。
沼津の漁師さんなど船上でみそ汁などにして好んで食べる。

水産基本情報

市場での評価 ほとんど流通しない。値段は色合い、脂の強さから安い。
漁法 底曳き網、定置網
産地 静岡県、愛知県、三重県
色合い 水揚げされてすぐの状態でも赤いが、透明感がある。時間がたつほどに赤が強く沈んでくる。

選び方・食べ方・その他

選び方

赤く透明感のあるもの。黒くなったものは古い。

味わい

旬は秋から春
殻が柔らかく、身は脂っぽくて、これも柔らかい。
生で食べると脂が強く数を食べると腹を下すと言われている。
ゆでても、煮ても鮮度によっては頭部のワタに臭みを感じることがある。
産地では生食しない 漁師さんたちは生でも食べられるが1〜2本にしておくべき、という。確かに最初は気にならないが数本食べるとえぐみが感じられる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

ツノナガチヒロエビの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ、アヒージョ、塩ゆで)、汁(みそ汁)、揚げる(天ぷら、唐揚げ)
ツノナガチヒロエビの煮つけ 産地では甘辛く煮つけて食べることが多い。水洗いして表面についた汚れなどを流す。鍋に甘辛い煮汁を合わせて煮立たせておく。酒・みりん・しょうゆ・水で、砂糖を加えてもいい。短時間煮汁をからめるように煮る。手でワイルドに食べるとやめられなくなる。


ツノナガチヒロエビのアヒージョ 要するににんにくとオリーブオイルで煮るといったもの。液体で煮るものよりも濃厚な味わいで、にんにくの香りが高い。オイル自体にもうま味があって、これにパンを浸して食べるといい。
ツノナガチヒロエビの酢の物(塩ゆで) 小振りのものは歩留まりが悪いのでまとめて塩ゆでにするといい。むき身にすると冷凍できる。このまま食べてもいいし、チャーハンなどに使ってもいい。
ツノナガチヒロエビの天ぷら 大振りのものが手に入ったら、むき身にして衣をつけて短時間で揚げる。揚げると身が締まり、痩せてしまうがうま味が強くなり、独特の風味でインパクトのある味になる。
ツノナガチヒロエビの唐揚げ 小振りのものは頭部と、尾の先端を切り落とし、片栗粉をまぶして揚げる。油で火を通すと、さくっと香ばしく、身の甘味が増す。

好んで食べる地域・名物料理


戸田底曳き網のまかない/煮つけ 駿河湾での底曳き網の昼ご飯。甘辛く玉ねぎと一緒に甘辛く煮るとうまいという。確かにご飯に合う。[静岡県沼津市戸田]
戸田底曳き網のまかない/みそ汁 おかず1本、ごはんと漬物、そしてみそ汁が底曳き網の基本的なまかない。売れない深海魚に必ずアカエビ(ツノナガチヒロエビ)を入れるのだという。[静岡県沼津市戸田]

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど